現在表示しているページの位置
パーソナルトレーナー入門コラム~パーソナルトレーナーへの道~

パーソナルトレーナーへの道

 

プロのアスリートだけでなく、一般の方のトレーニングをサポートする機会も増えている、パーソナルトレーナーになる方法について紹介します。

パーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーは、クライアント(お客様)と直接契約し、ひとりひとりの要望に合わせたトレーニングメニューを考案。メンタルや食事のケアなどを含め、クライアントにとって最適な運動指導を行うスペシャリストです。

元々は、プロスポーツ選手をトータルでサポートする特別な存在でしたが、現在では、子供から大人まで、さまざまな人に利用されています。身体能力のパフォーマンス向上はもちろん、運動不足の解消やダイエット、美容、病傷後の回復のためなど、クライアントのライフスタイルや体力作りを身近でサポートする存在になっています。

パーソナルトレーナーになるには資格が必要?

パーソナルトレーナーになるために必要な国家資格は存在しません。そのため“私は今日からパーソナルトレーナーだ!”と宣言すれば誰にでもなれてしまうのですが、そう簡単にはいきません。人間の身体や筋肉の構造、機能の理解、基礎医学、トレーニング理論、栄養学など、専門的な知識と経験があって、はじめてクライアントに適したトレーニング方法を提案できるからです。

民間では数多くの団体がパーソナルトレーナーやスポーツトレーナーに関する資格を認定しています。アメリカに本拠を置くNSCA(National Strength and Conditioning Association)のNSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)資格は、日本国内はもとより、世界的にも認知されているもの。そのほかNESTA(全米エクササイズ・スポーツトレーナー協会)、NATA(全米アスレティックトレーナーズ協会)、日本体育協会などが認定する資格も、技術や知識を証明するものとして広く知られています。プロのパーソナルトレーナーとして独り立ちするには、こうした資格を取得できるだけのスキルを、最低限身に付ける必要性があるでしょう。

パーソナルトレーナーの知識やスキルはどこで学ぶ?

パーソナルトレーナーになるには、スポーツ系や医療系の専門学校や大学で学びながら各種資格を取得する方法のほかに、パーソナルトレーナーを養成するスクールに通う方法もあります。各団体が認定する資格の取得を目的にしているものがほとんどなので、自分が取得したい資格に合ったスクール選びをすることが大切です。

パーソナルトレーナーに求められるもの

パーソナルトレーナーは、取得した資格内容に紐づくトレーニングスキルや経験などに加え、マンツーマンでクライアントと接するため、コミュニケーション能力や対話力などが非常に大切です。また、トレーニングを飽きさせず、楽しくできる工夫や環境作りなどの能力も重要な要素のひとつです。

 

 

JOTスポーツトレーナー学院のPICK UP!
  • JOTスポーツトレーナー学院のQ&A
  • JOTスポーツトレーナー学院のアクセス
  • JOTスポーツトレーナー学院のオープンスクール
  • JOTスポーツトレーナー学院の資料請求
  • JOTスポーツトレーナー学院のJOT紹介ムービー
  • JOTスポーツトレーナー学院の講師BLOG
JOTスポーツトレーナー学院のJOT在校生専用
  • JOTスポーツトレーナー学院のWEBオンライン 授業予約システム
  • JOTスポーツトレーナー学院の在校生へのお知らせ JOT学内統合掲示板
  • JOTスポーツトレーナー学院の各種申請書ダウンロード
ソーシャルメディア
MAP
JOTスポーツトレーナー学院 530-0001大阪市北区梅田2-5-8 千代田ビル西別館7階

コース内容はもちろん、就職や開業について詳しくご説明します!オープンスクール随時開催中!

ページトップへ