NSCA-CPT資格取得した勉強方法について 卒業生のインタビュー 黒田先生

NSCA-CPT資格取得 黒田先生

・お名前と入学時の年齢は?入学前は何をしていましたか?

名前は、黒田イクミです。入学時の年齢は、28歳です。入学前は、一般企業で営業の仕事をしていました。

 

・NSCA-CPT資格の勉強はどのくらいの期間しましたか?

半年間。

 

・NSCA-CPT資格の勉強方法について教えてください。

授業で聞いた各回の講義内容を、自分で整理するために毎回ノートを作った。

 

・NSCA-CPT資格取得に向けて勉強はどのように進めていきましたか?

まず講義の内容っていうのを自分用にノートをまとめて作って、それを元にしながら、分からない部分、ちょっとあいまいな部分に関しては、さらに深掘りして調べたりして、まとめるようにしました。過去問をやって、その過去問が全て100%解ける状態にして、4択だったと思うので、間違えてる選択肢に対しても、「なんで間違えてるのか」っていうことを説明できる、そこまでの状態になるように勉強しました。

 

・NSCA-CPT資格合格するまでは不安ではありませんでしたか?

不安でした。

 

・NSCA-CPT資格試験の勉強で大変だったことは何ですか?

うーん、難しいですね。自分が決めた勉強方法を、きっちりやり抜くこと。

 

・NSCA-CPT資格の勉強で吸収しやすかったことは何ですか?

自分が実際に体を動かすこと。

 

・NSCA-CPT資格を取得して良かったことは何ですか?

信用度が高い、ということかな。例えば、もう既にトレーナーとして活動してる業界の先輩だったりとか、お客さんからに対して、「きっちりとこういう資格を持ってます」っていうことが、既にその時点で一定の信用を取れることが良かったかなと思います。

 

・NSCA-CPT資格を取得しようと思っている方へメッセージをお願いします。

資格取得するために行った勉強っていうのは、なかなか忘れにくい知識になると思いますので、そこできっちりとした知識を身に付けるという意味でも非常に重要です。後は何よりも、資格を持つということで自分の自信が付くので、資格を持っているのと、持っていないのとでは、自信を持って業界に飛び込めるのか、飛び込めないのかっていう、そこの差がすごい大きいと思います。なので、資格を取っておくことは、すごくスタート時期に関しては意義があると思います。

 

PAGE TOP