医療やスポーツの世界で活躍する講師陣

JOTの講師陣は、指導者であると同時に、トレーナーや治療家、医療技術者としても活躍しているプロフェッショナル。
アスリートに人気の最新トレーニング、医療現場での豊富な施術例など、リアルな経験談を交えての授業は、まさに「現場主義」のJOTならではです。
またJOTの先生たちには、学生と一緒にスポーツを楽しむのが好きな親しみやすい一面も!

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー
ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

前田 有久(まえだ くにひさ)

JOTスポーツトレーナー 講師
adidasファンクショナルトレーニング認定パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NESTA-PFT
■NESTA-BRS
■adidas FUNCTIONAL TRAINING trainer
■adidas キックボクシング認定トレーナー
■BFR(血流制限トレーニング)認定トレーナー
■さとう式リンパケア上級施術者
■グレイシー柔術アカデミー認定インストラクター

【トレーナー指導歴22年】
・スポーツクラブ等との業務委託(パーソナルトレーニング)
・体育系専門学校非常勤講師講師
・グレイシー柔術(護身術)の指導大学卒業後、アメリカへ留学インターン先でゴールドジムで働き本場のフィットネスを体感する。
帰国後某大手フィトネスクラブへ就職。
スポーツ文化を広めたい思いから、青年海外協力隊としてアフリカ南部ジンバブエ共和国の各学校を巡り体育の授業を教えて日本のスポーツ文化を広める。
再度日本へ帰国後、某大手フィトネスクラブで勤務、店舗責任者にまでなるがトレーナー業務が少なくなるためフリーランスに転向。
関西エリアでパーソナルトレーニングを行っている。
フリーランスになってからは自治体と連携をとりフィットネス文化を広める活動を精力的に行う。
某スポーツクラブでのトレーナー研修講師、体育系専門学校非常勤講師を務める。
グレイシー柔術(護身術)の指導、幅広くフィットネス、運動を世の中に広める活動を行っている。

黒田 育未(くろだ いくみ)

JOTスポーツトレーナー 講師
オーダーメイドトレーニングサービス「LIBRA」代表

【保有資格】
■NSCA-CPT
■NASM PES
■adidas FUNCTIONAL TRAINING trainer
■JMSA 認定メディカルトレーナー
■JMSA認定スポーツ整体師

22歳から28歳の6年間、一般営業職で務め今の働き方に疑問をもち、パーソナルトレーナーを目指しJOTスポーツトレーナー学院に入学、卒業後、整形外科、フィトネスクラブで現場経験を積む。
クライアントから高い評価をもらい、卒業後1年で独立した。現場経験実績が認められ、某大手フィットネスクラブ 教育トレーナー (全国で活動する約1,300人のパーソナルトレーナーの育成・研修に関わる)。
卒業後2年でJOTスポーツトレーナー学院講師を務める。
卒業後5年でオーダーメイドトレーニングサービス「LIBRA」を開業した。
口コミや紹介のみで現在は予約困難の名店になる。

菰渕 敦紘(こもぶち あつひろ)

JOTスポーツトレーナー学院 講師
NSCA認定パーソナルトレーナー
日本ファンクショナルトレーニング協会認定トレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT
■JFTA-CFT
■JCCAアドバンストトレーナー
■ひめトレインストラクター
■国際救命救急協会ヘルスケアプロバイダー

★トレーニング指導暦16年★
大学在学中から、フィットネス業界に入り、スポーツクラブにて運営や各運動指導など現場経験を積む。パーソナルトレーニング指導していく内にコアの重要性を再確認しJCCAで学ぶ。2010年からコアトレーニングの重要性についてJCCA団体と共にコアトレーニングの普及活動を続けている。

アメリカ、シアトルで国際交流を兼ねてトレーニングイベントを開催するなど積極的にフィットネス業界を盛り上げている。

PAGE TOP