パーソナルトレーナーに必要な資格とは?資格種類や費用、独学でも取得できるのか

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。


この記事では、現在パーソナルトレーナーとして活動されている方へインタビューし、パーソナルトレーナーになるためにおすすめの資格を解説します。パーソナルトレーナーの資格取得に向けた費用、独学でも資格取得は可能なのか、おすすめの教材など現役パーソナルトレーナーの方に直接取材しました。是非参考にしてください。

 

パーソナルトレーナーを目指す人に向けたおすすめの資格10種

パーソナルトレーナー資格パーソナルトレーナーになるためにおすすめの資格を10種類紹介します。知名度の高いパーソナルトレーナーの資格から取得しておいて損はない役に立つ資格等幅広く網羅的に紹介していきます。

パーソナルトレーナーが取得したい5つの資格

パーソナルトレーナー年収・給料パーソナルトレーナーが特に取得したい資格を5つ紹介します。パーソナルトレーナーとして活躍でき、独立開業後も専門性としてブランディングできる資格を紹介します。

 

パーソナルトレーナの資格①NESTA-PFT

NESTA-PFT資格合格岩村さん
・NESTA-PFT資格とは?

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)は、1992年に設立されトレーニング及びフィットネスに関わる指導者の養成を行ってきました。現在では全米で約7万人のパーソナルトレーナーを輩出し世界80ヵ国でNESTAの資格を持つトレーナーたちが活動しています。NESTAは国際的にも認可された知名度の高い資格であり、パーソナルトレーナーといったトレーニングを生業とする方にとって基礎的であり登竜門的資格となっています。合格率は50~60%と言われていますが実技試験がないので、公式テキストを勉強すれば合格に近づくことができるでしょう。

・NESTA-PFT資格の取得方法と条件

NESTA-PFTの取得条件として、
(1)NESTA JAPANが発行する公式テキスト(NESTA-PFT)を購入
(2)CPR・AEDに関する技能を学習し、定期的に講習を受けている
※MFA(メディック・ファースト・エイド®)、IMEA(国際救命救急協会)の講座受講を推奨しているため、CRP・AEDに関する講習を受けていない方は積極的に参加が必要。(証明書等の提出義務なし)
(3) 日本国籍または、日本で就労可能な在留資格を有するもの
(4)満18歳以上で、高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者

上記に当てはまらない場合
・高卒資格を取得し通常受講
・認定校にて教育プログラムを受講の2つの方法があります。
(5) 次の1~4のうち、1つ以上の要件を満たす
①1年以上のパーソナルトレーナー、スポーツトレーナーとしての実務経験がある。
②1年以上ののスポーツ指導、フィットネス関連企業での勤務経験がある。
③体育系、医療系の4年制大学、短大または専門学校を卒業している。
④NESTAの認定したカリキュラムを受講している。
※1~3の要件を満たしていない場合、4のNESTA認定養成講座、カリキュラムの受講が必要となります。

 

・NESTA-PFT資格の取得費用

NESTA-PFTの認定を受けるためには次の3つの方法があります。

・ダイレクトコース

このコースはNESTAが開催する講座を受講せずにNESTA-PFTの試験を受ける人が対象になります。ダイレクトコースを受けられるのはフィットネスクラブでの実務経験がある人や指定の学部を卒業している人に限定されます。
受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。

教材費 13,600円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受験料 7,500円
受験・資格手数料 36,400円
合計 72,500円

・ゼミコース

このコースは主にパーソナルトレーナーを初めて目指す人やジムでの実務経験がない人が対象です。ゼミコースにはロングゼミコースとショートゼミコースの2種類があります。ロングゼミコースは資格取得に関する知識を1から学びたい人向け、ショートゼミコースは基礎知識はある程度学んでいる方向けになります。受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

  • 教材費 13,600円
    ゼミコース受講料(ロングゼミコース) 96,000円
    ゼミコース受講料(ショートゼミコース) 48,000円
    事前講習受講料 15,000円
    認定試験受講料 7,500円
    受験・資格受講料 36,400円
    合計(ロングゼミコース) 168,500円
    合計(ショートゼミコース) 120,500円
  • ・WEBコース

このコースはEメールで講師の方と連絡を取りながら、課題を解くことで必要な知識を身に着けていきます。通常は2~3か月でコースを修了します。受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
WEBコース受講料 35,000円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受講料 7,500円
受験・資格受講料 36,400円
合計 107,500円

・NESTA-PFT資格を取得するメリット

NESTA-PFTの資格を取得するメリットとして、試験範囲が運動生理学、機能解剖学、栄養学からパーソナルトレーニングのビジネスに関する問題まで出題されるため、パーソナルトレーナーとして基礎的な知識を網羅できるとともに基本的なビジネスの考え方まで学ぶことができるため是非取得したいパーソナルトレーナー資格となっています。
国際的にも認可されている資格のため、海外進出を考えている場合には取得しておくとプラスに働くでしょう。

関連記事:パーソナルトレーナー資格|「NESTA PFT」を徹底解説!取得方法や費用は?

パーソナルトレーナの資格②JATI-ATI

NSCA-CPT授業風景
・JATI-ATI資格とは?

JATI-ATIは日本トレーニング指導者協会が発行するパーソナルトレーナーやトレーニングを生業とする方に向けた資格であり、競技力向上や健康づくりを目的としてトレーニング指導者の能力向上を目指して発行されました。合格率は例年50%~70%と試験によってばらつきがありますが、実技試験がないので公式テキスト等読み込むことで合格に近づくでしょう。

・JATI-ATI資格の取得方法と条件

JATI認定トレーニング指導者資格(JATI-ATI)の受講条件として、3つの条件があります。
(1)JATIの個人正会員として入会する(年会費1万円)
(2)養成講習会に受講後、自己学習課題(ワークシート)を提出
(3)JATI-ATIの試験に合格(JATI-ATI試験を受講して合格)

・JATI-ATI資格の取得費用

入会費 11,000円(税込み)
養成講習会 受講料一般科目 55,000円(税込み)
養成講習会 受講料専門科目 60,500円(税込み)
トレーニング指導者認定試験 受講料一般・専門含む 33,000円(税込み)
合計 157,400円

・JATI-ATI資格を取得するメリット

JATI-ATI資格を取得するメリットとして、
・国内のトレーニング指導者としてスタンダードな知識の修得
・日本の環境に適したトレーニング手法の提供
・トレーニング指導者の就業支援
・JATI正会員内でのコミュニティ提供・情報交換等があります。
また、JATI-ATIより専門的な上級資格「JATI-AATI」「JATI-SATI」も受講でき、専門性が高いトップアスリートのトレーニング指導をしたい方などにおすすめです。

 

パーソナルトレーナの資格③NSCA-CPT

NSCA-CPT資格 勉強方法
・NSCA-CPT資格とは?

NSCA-CPTはNational Strength and Conditioning Association (NSCA)の略称でありアメリカに本部を持つストレングストレーニング及びコンディショニングコーチングの教育団体として1978年設立されました。世界88ヵ国でNSCA認定トレーナーが活躍しておりストレングストレーニングとコンディショニングコーチングの研究から得られた情報を論文やWEBサイトで公開しているトレーニング研究の専門機関です。合格率は約70%~80%で実技試験がないので、公式問題集やテキストを勉強すれば合格も難しくありません。

・NSCA-CPT資格の取得方法と条件

下記1~3をすべて満たしていることが必要です。
(1)出願時および受験時に、NSCAジャパン会員(正会員、学生会  員、英文会員)であること。
(2)出願時に、満18歳以上であること。
(3)出願時に、高等学校卒業以上の者または高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)合格者。
また、CPR/AED認定証のコピーの提出も推奨されていますが、認定証がなくても受験は可能です。

・NSCA-CPT資格の取得費用

入会費・正会員 13,200円(税込み)
入会費・学生会員 11,000円(税込み)
NSCA-CPT認定試験受講料 46,000円(税込み)
合計※正会員の場合 59,200円
合計※学生会員の場合 57,000円


・NSCA-CPT資格を取得するメリット

NSCA-CPT資格を取得するメリットとして、
・国際的に権威性の高い資格
・NSCAのレベルアッププログラムを受講可能
・海外研修制度の充実
・パーソナルトレーナーとして海外進出が可能等が挙げられます。
パーソナルトレーナーとして、独立開業する場合がなりおすすめな資格になっており、NSCAの権威性や専門性の高い学術的な見解を体型的に学ぶことができます。

パーソナルトレーナの資格④NSCA-CSCS

トレーナー資格勉強
・NSCA-CSCS資格とは?

NSCA-CPT資格と同様、National Strength and Conditioning Association (NSCA)の略称であるアメリカに本部を持つストレングストレーニング及びコンディショニングコーチングの教育団体が発行している公式資格となっています。NSCA-CSCSの合格率は例年50%程度であり、CSCSの下位資格であるNSCA-CPTの合格率70%~80%と比較してもやや高くなっています。

・NSCA-CSCS資格の取得方法と条件

NSCA-CSCS資格の受講条件として下記を満たす必要があります。
(1)出願時にNSCA正会員であること。
(2)学位修得者(学士、修士、博士)、4年制大学、6年制大学または専門学校卒業者(見込み)を保持すること。
また、CPR/AED認定証のコピーの提出も推奨されていますが、認定証がなくても受験は可能です。

・NSCA-CSCS資格の取得費用

入会費・正会員 13,200円(税込み)
入会費・学生会員 11,000円(税込み)
NSCA-CSCS認定試験受講料 46,000円(税込み)
セクション受講料 34,000円(税込み)
合計※正会員の場合 93,200円
合計※学生会員の場合 91,000円

・NSCA-CSCS資格を取得するメリット

NSCA-CSCS資格を取得するメリットとして、NSCA-CPTより上位資格でありパーソナルトレーナーとして活動の幅が広がります。一般人へのトレーニング指導だけでなくトップアスリートのトレーニング指導の機会も得られる可能性があります。NSCA-CPTの合格率は70%程度毎年ありますが、NSCA-CSCSでは50%程度しか合格率がありません。
NSCA-CSCSを取得する方は店長クラスやストレングスコーチの役職についておりパーソナルトレーナーとしてキャリアアップを図る場合は欠かせない資格となります。

 

パーソナルトレーナの資格⑤NSPA-CPT


・NSPA-CPT資格とは?

NSPAは、National Strength Professionals Associationの略称であり米国やイギリスにて2万人以上のパーソナルトレーナーを教育したトレーニング指導者の育成機関です。NSPAの特徴として米国で唯一ハイインテンション・ストレングストレーニング(HIIT)やマニュアルストレングストレーニングの指導を行う養成機関となっています。NSPA-CPTの合格率も60%~70%であり実技試験が無いため公式テキストを勉強することで合格が可能です。

・NSPA-CPT資格の取得方法と条件

受講条件として以下を満たす必要があります。
(1)基礎講習および最終講習を終了すること
学歴等関係なく基礎講習と最終講習を受講することで受験が可能となります。

・NSPA-CPT資格の取得費用

プレ基礎講習会 39,960円(税込み)
基礎講習会 39,960円(税込み)
最終講習会 19,980円(税込み)
認定テスト受験料 10,800円(税込み)
テキスト・教材費 11,000円(税込み)
合計※正会員の場合 121,700円
合計※学生会員の場合 110,900円

※プレ基礎講習会は受講しなくても認定テスト受験
プレ基礎講習会を受講しない場合
正会員      81,740円
学生会員  75,260円

・NSPA-CPT資格を取得するメリット

NSPA-CPT資格を取得するメリットとして
・HITに関する専門的な知識を修得可能
・国際的に認可された資格のため、海外進出が容易になる
・独立開業で、対外的な専門性を示すことが可能
・基礎的なトレーニング理論を修得可能

【プロに取材】現役パーソナルトレーナーに聞いた!おすすめの資格とは?

パーソナルトレーナー選び方

  • 業界歴22年パーソナルトレーナー高津さんにインタビューさせていただきました。

・パーソナルトレーナー向けのおすすめの資格は?

お薦めの資格はNESTA PFTとNSCA-CPTですね。よく「何取ったらいいですか?」って聞かれるんですけど、どうせなら両方取っちゃったら自分で違いも分かると思いますし、二つ取ってください。

パーソナルトレーナー選び方・独学でも資格を取得できる?

もちろん可能だと思います。私も資格自体独学で取りましたので、それは不可能ではないです。

・お薦めの本や雑誌は?

(トレーニング系の本ということであれば)この1冊というよりは、筋トレする人だったら石井直方先生の本は全般的に。僕もよく読みますし、非常に筋生理学のことが分かりやすく書いてあるので、石井先生の本はお薦めです。雑誌はあんまりいいのがないですね(笑)。『スポーツメディスン』はいいかもしれないですね、トレーナーさんだったら。『スポーツメディスン』はいいかもしれないです。

・パーソナルトレーナーになるために資格はいらない?

これはどっちでもいえますね。「いらない」ともいえるし、「いる」ともいえるというか。一つは契約する店舗が資格を求めてるところもありますから、当然そういった場合は、ないとできないので「いります」ということになりますけど、仕事としての能力でいうと、資格がないからできないことはないので、「なくてもできます」ということです。ただ「資格が取れないレベルで仕事しちゃ駄目だよ」っていうのはいえますかね。

パーソナルトレーナー選び方・パーソナルトレーナー資格の勉強をする方へメッセージをお願いします。

最初は、いわゆる教科書っていわれるスタンダードなものをきちっと勉強して欲しいかなあと思いますね。YouTubeとか、今、情報がすごいあふれてるので、きちっとした理論に基づかない情報を入れてしまってて、すごく偏った知識を持ってるっていう人もいるので、そうではなくてスタンダードな、いわゆる教科書っていわれるものをきちっと読んで勉強するというのが大事かなと思います。

他にもある!パーソナルトレーナーにおすすめな資格は?

パーソナルトレーナー資格
ここでは、上記で上げたパーソナルトレーニングに関する資格以外でおすすめの資格について紹介します。

・資格⑥日本体育施設協会トレーニング指導士

日本体育施設協会が発行する資格、「トレーニング指導士」は安全なトレーニング指導を行うための資格です。パーソナルトレーニングの際にウェイトトレーニングやサーキットトレーニング、高強度のインターバルトレーニングなど多種類のトレーニングを指導します。その中で安全なフォームでトレーニングできているか、ケガや事故を未然に防ぐ為の知識を修得します。また、「トレーニング指導士」は適切なトレーニング指導を行うだけでなく、国民の健康と体力向上を担う役割も果たしています。

・資格⑦日本体育協会公認アスレティックトレーナー

日本体育協会公認の資格「アスレティックトレーナー」は国内で最も知名度の高いスポーツに関する資格の一つです。アスレティックトレーナーの主な業務内容として、ケガの予防やテーピング、アイシングなどの技術、リハビリテーションのプログラム作成等医療補助の役割を担います。パーソナルトレーナーとして独立したい方やトレーニングを生業としたい方におすすめな資格となっています。

・資格⑧健康運動指導士

健康運動指導士とは公益財団法人健康・体力づくり事業財団」の資格であり、個人に合った安全かつ効率的なトレーニングを指導行うための知識を修得する資格です。トレーニングプログラムの作成や食事管理まで健康に関して幅広く指導を行うトレーナーにおすすめの資格です。

幅広い年代の方へ運動を指導して国民の健康を向上することを目的としています。

・資格⑨健康運動実践指導者

健康運動実践指導者は公益財団法人健康・体力づくり事業財団」の資格であり、トレーニング現場で実際に指導する指導者を養成する資格です。健康運動指導士と異なる点は、健康運動指導士はトレーニングメニュー作成や食事管理メニューの作成が主な業務に対し、健康運動実践指導者は制作されたプログラムをもとにトレーニング現場で指導する役割の違いがあります。活動の場は地域社会が多くフィットネスクラブや福祉施設などで活躍するトレーナーが多いです。

・資格⑩栄養士・管理栄養士

栄養士・管理栄養士はどちらも食や栄養管理に関する専門家です。栄養士は栄養士養成施設と認可された学校(4年制大学、短大、専門学校)を卒業後、免許が与えられます。管理栄養士は栄養士の資格を取得した後、国家試験に合格することで「管理栄養士」の資格を取得することができ、栄養士よりもさらに専門性の高い資格となります。

パーソナルトレーナーにとって食事指導は欠かせない要素であり栄養士の資格を持つことで、より専門的な食事メニューを作成出来るでしょう。

関連記事:パーソナルトレーナーのおすすめの勉強方法を聞いてみました!

 

パーソナルトレーナーのおすすめの資格や種類、独学で可能か?

この記事では、パーソナルトレーナーにおすすめな資格を紹介しました。独学でも取得可能なパーソナルトレーナー資格は多くあります。

パーソナルトレーナーとしてより高度な知識を持ち指導するために資格は必要であり、独立する場合は対外的に専門性を証明する方法となるためぜひ取得しましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

関連記事:スポーツトレーナーの年収を直接取材しました!

関連記事:パーソナルトレーナーの年収相場は?プロトレーナーに直接取材!

関連記事:スポーツトレーナーになるには?プロに直接取材!

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

パーソナルトレーナーとは

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。

 

PAGE TOP