スポーツトレーナーの年収・給料を解説|年代別相場、独立した場合の年収も解説します。

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

スポーツトレーナー 年収

この記事では、現在スポーツトレーナーとして活動されている方へインタビューし、スポーツトレーナーの年収、給料を年代別にトレーナーとして独立した場合の年収も解説します。

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナー 年収スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートする職業です。具体的な仕事内容としては、トレーニングの指導やケガの予防、応急処置、リハビリテーションなどを行っています。
また、プロのスポーツ選手だけに限らず、スポーツジムやフィットネスクラブ、病院などで一般の人をサポートすることもあります。
スポーツトレーナーになるには、人体の仕組みやトレーニング理論、医学的な知識、テーピングやアイシングなどの応急処置の技術を有している必要があります。一般的には、体育系や医療系の大学や専門学校で専門知識や技術を学んだうえで、スポーツトレーナーになるケースが多いです。
スポーツトレーナーになるために必須の資格はありません。ただし、関連する資格として次のような資格があり、資格をもっていると活動の幅をより広げることができます。

 

・公認アスレティックトレーナー

・認定アスレティックトレーナー(JATAC-ATC)

・あん摩マッサージ指圧師

・柔道整復師

・鍼灸師

・理学療法士

スポーツトレーナーの平均年収・給料はどれくらい?

スポーツトレーナー 年収スポーツトレーナーの平均年収は、約500万円〜600万円となっています。平均給料でいうと、40万円〜50万円ほどです。2020年時点の国税庁の調査では日本の平均年収は約440万円という結果がでているため、スポーツトレーナーの給与水準は一般的な職業よりは若干高めであることが分かります。ただし、スポーツトレーナーといっても、トレーニングジムで勤務する場合やプロクラブやアスリートと専属契約をする場合など、勤務先は様々です。後者の方が平均年収は圧倒的に高い傾向があるので、あくまでも平均年収であると理解しておきましょう。
スポーツトレーナーとして経験を積めば積むほどスポーツ選手をサポートするスキルも高くなるため、年代に応じて給与水準は高くなっていく傾向にあります。次は、年代別の年収・給料相場を見ていきましょう。

スポーツトレーナー|20代の年収・給料相場

20代のスポーツトレーナーの平均年収は約350〜400万円ほどとなります。大学や専門学校を出てまもない20代前半はまだ給与水準は低く、20代後半になるにしたがって徐々に給与水準が高くなっていきます。20代は体力もあり、スポーツトレーナーとしては最も働ける年代です。20代の間に様々な知識や技術を学び、経験を積むことで年収をあげていくための土台をつくることができます。

スポーツトレーナー|30代の年収・給料相場

クライアントにパーソナルトレーニング指導をする価値観30代のスポーツトレーナーの平均年収は約450万円〜500万円ほどとなります。スポーツトレーナーとしての実績を積むことにより、給与水準は日本の平均以上になってくる年代です。その中でも、高い実績を残せた一部のスポーツトレーナーはプロクラブやアスリートと専属契約することで、一気に給与が高くなる場合もあります。

スポーツトレーナー|40代の年収・給料相場

スポーツトレーナー 年収40代のスポーツトレーナーの平均年収は約550〜650万円ほどとなります。スポーツトレーナーとしてはかなり熟達してくる頃で、プロクラブや一流のアスリートとの専属契約をすることにより1,000万円以上の給与を得れる場合もあります。

スポーツトレーナー|50代の年収・給料相場

50代のスポーツトレーナーの平均年収は約650〜700万円ほどとなります。ただし、スポーツトレーナーは体力が必要な職業であり、50代になると体力的に厳しくなってくる頃です。引き続き現役のスポーツトレーナーを続ける人がいる一方で、専門学校などで講師として後進の育成に当たる人も出てくるため、人によって給与水準にはバラつきが出てきます。

スポーツトレーナーとして副業する場合の年収

NESTA-PFT資格 勉強方法 岩村さんここまでは、専属のスポーツトレーナーの年収・給料相場を紹介してきましたが、近頃は副業としてスポーツトレーナーの仕事をしているという方も増えてきています。高齢化社会の到来に向けて人々の健康意識が高まっているため、パーソナルトレーナーとしてマンツーマンでサポートを受ける需要が増加していることも追い風になっているのでしょう。ただし、副業でスポーツトレーナーをする場合は、主に時間の確保できる週末に顧客から予約を受け、トレーニングのサポートをする場合がほとんどです。1回ごとのトレーニングや時給換算での報酬となりますので、専属のスポーツトレーナーと同じように稼ぐことは難しいでしょう。

スポーツトレーナーとして副業する場合の年収は50万円〜100万円くらいが一般的な相場になります。

スポーツトレーナーとして独立開業する場合の年収

パーソナルトレーナー岩村さん3スポーツトレーナーとして独立開業するという選択肢もあります。トレーニングジムや整体院を開業して、顧客を集客しサポートするという働き方です。また、実績のあるスポーツトレーナーであれば、フリーランスとして独自にプロクラブや一流アスリートと契約してアスリートのサポートをすることもできます。いずれにしても、正社員として働く場合に比べると年収が不安定になりやすくなりますが、経営や顧客の開拓がうまくいけばスポーツトレーナーの平均年収以上に稼ぐことができるため、経験を積んだあとに独立開業するという選択肢があることは知っておきましょう。

スポーツトレーナーの年収UPのために必要なこと

ここまでで、スポーツトレーナーの年収・給与相場がどの程度かを紹介してきました。一般的な職業よりはやや給与水準が高いスポーツトレーナーの仕事ではありますが、より年収・給与相場を上げて活躍するために必要なことが何か、5つのポイントを解説していきます。スポーツトレーナーとしてのキャリアを考えるうえでの参考にしてください。

関連記事:パーソナルトレーナーのおすすめの勉強方法を聞いてみました!

年収UP方法①スポーツトレーナーとして正社員として働く

パーソナルトレーナー岩村さん2まずは、スポーツトレーナーとして正社員で働くことをおすすめします。いきなり独立開業したりフリーランスで働くと、実績がないうちは中々顧客が獲得できなかったり、継続して契約できずに収入が不安定になりがちです。スポーツトレーナーを目指す場合、最初はスポーツジムや整体院などで正社員として働くことにより、経験を積みながら安定した収入を得ていくのがおすすめです。しっかりした経験を積み、接客技術や指導技術を身につけた後に、独立開業したり、プロクラブやアスリートと専属契約を狙うなどして、キャリアアップしていくようにしましょう。

年収UP方法②スポーツトレーナー資格を取得する

スポーツトレーナーとしての収入は自分の知識や技術と連動しています。収入をアップさせるためには、自らの実力を高める努力が必要不可欠です。スポーツトレーナーになるために必須の資格はありませんが、取得していると有利になる資格はあります。スポーツトレーナー関連の資格を取得することで、知識や技術が高まると同時に、自身の実力を客観的に証明できるようになるため、積極的に資格を取得していきましょう。次のような資格がスポーツトレーナーとして働くうえで有効です。それぞれの資格について簡単に紹介をします。

・公認アスレティックトレーナー

 日本体育協会が認定しているトレーナー資格です。国家資格のない日本国内では最も有名な資格の1つとなっています。スポーツトレーナーになるために大学や専門学校で学んだ人は資格取得のための講習や一部の試験が免除され、検定試験を受けることができます。

・認定アスレティックトレーナー(JATAC-ATC)

 ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会(JATAC)が認定するトレーナー資格です。資格取得は先に紹介した公認アスレティックトレーナーよりも要件がやや厳しくなっており、会員としての費用も必要になりますが、各種研修会に参加して最新の情報を学べるなどの利点もあります。

・あん摩マッサージ指圧師

 患者の身体の不調の原因を特定し、なでる、揉む、押す、さするといった動作を行うことで血行の改善、痛みの緩和、ケガの早期回復を促す職業です。スポーツ選手に対してマッサージなどの施術を行うためには、これらの国家資格を有している必要があります。 

・柔道整復師

 手を使った施術で骨折や脱臼といったケガを回復させる職業です。スポーツ選手のテーピングやケガの治療、リハビリテーションを行ううえで必要となる技術で、国家資格があります。柔道整復師は、多くの場合は接骨院や整骨院で働いています。

・鍼灸師

 鍼(はり)と灸(きゅう)を用いて人間の自然治癒力を高める施術を行い、患者の身体を治療したり身体の健康を回復するサポートをする職業です。スポーツ選手のコンディションを整えるための方法として活用されています。

・理学療法士

 ケガや病気が原因で身体の動作が上手く行えない人に対して、運動療法や物理療法といった方法を用いてリハリビテーションの手助けをする職業です。ケガをしてしまったスポーツ選手のサポートをするために取得しておくべき資格となります。また、スポーツトレーナー以外にも、病院やクリニックなどのリハビリ施設でも活かせる資格です。

年収UP方法③プロクラブやアスリートチームと専属契約する

パーソナルトレーニング指導風景スポーツトレーナーとして最も年収が高くなるのが、プロクラブやアスリートチームと専属契約をすることです。十分な実績や経験を積んだほんの一握りのスポーツトレーナーしか専属契約はできませんが、もし専属契約ができれば、年収は大幅にあがり、1,000万円以上になる場合もあります。

 

プロクラブや一流のアスリートをサポートしているという大きなやりがいを得ることもできるでしょう。

 

ただし、専属契約ができたからといって安心してはいけません。プロクラブやアスリートから認められるためには、結果を残し続けることが重要です。プロクラブやアスリートに貢献し、このトレーナーのサポートが必要だと認めてもらうことで専属契約の更新ができますし、年収をさらにアップすることも可能です。

 

一流のスポーツトレーナーの中には、専属契約で年収2,000万円以上を稼いでいる人もいます。専属契約をして結果を残し続けることで、一流のスポーツトレーナーを目指しましょう。

 

年収UP方法④スポーツトレーナーとして独立開業する

パーソナルトレーニング授業風景パーソナルトレーナーなるには十分な知識と技術を持ち、実績を積んできたスポーツトレーナーであれば、独立開業することにより、年収アップが狙えます。例えば、トレーニングジムを経営して多くのスポーツトレーナーを抱えることで、自分自身が働くよりも稼げるようになります。スポーツトレーナーとしての力だけでなく、経営者としての力も必要になるため苦労することもありますが、経営に成功すればやりがいを感じられるでしょう。

 

経営者にならなくても、スポーツトレーナーとしての実績があれば、フリーランスとして独立し活動することができます。多くの顧客を持つパーソナルトレーナーになったり、プロクラブやアスリートと専属契約をすることで年収をアップさせることも可能です。

年収UP方法⑤働く場所を変える

スポーツトレーナーの仕事は、日本よりもアメリカなどの海外の方がはるかに進んでいます。プロクラブやアスリートとの専属契約の数も日本に比べると多く、スポーツトレーナーの地位も高いのでより稼ぎやすい環境といえます。

 

日本には民間資格しかありませんが、アメリカではスポーツトレーナーの国家資格があります。全米アスレティック・トレーナーズ協会(NATA)という協会が認定した「NATA認定アスレティックトレーナー」になれば、アメリカでもスポーツトレーナーとして活動することができるため、スポーツトレーナーとしてより成功したい人や、世界で活躍したい人は、取得を考えてもよいでしょう。

 

アメリカでの勤務経験があると日本でも優遇される場合があり、仕事の幅が広がります。日本以外の場所で働くことで年収アップを狙えるということを知っておきしょう。

まとめ|スポーツトレーナーの年収・給料を解説|収入UPの方法、年代別相場、独立した場合の年収も解説します。

スポーツトレーナーの平均年収は、約500万円〜600万円となっており、スポーツトレーナーの給与水準は一般的な職業よりは若干高めであることが分かります。ただし、スポーツトレーナーといっても、トレーニングジムで勤務する場合やプロクラブやアスリートと専属契約をする場合など、勤務先は様々です。後者の方が平均年収は圧倒的に高い傾向があるので、あくまでも平均年収であると理解しておきましょう。
スポーツトレーナーとして年収UPを目指すには資格取得、クラブと直接契約、個人で独立開業する等様々な方法があり、多様性に満ちた働き方ができるのもスポーツトレーナーの魅力です。最後まで読んでいただきありがとうございます。

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

パーソナルトレーナーとは

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP