パーソナルトレーナー資格取得|NESTA PFTについて

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

スポーツトレーナー資格

 

この記事では、現在パーソナルトレーナーとして活動されている方へインタビューし、パーソナルトレーナーにおすすめの資格NESTA-PFTについて取得条件・費用・コース・勉強方法・取得メリットなど網羅的に解説します。是非参考にしてください。

パーソナルトレーナー資格NESTA PFTとは?

スポーツトレーナー資格NESTA-PFTは全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会が発行する、パーソナルトレーナーの資格でありParsonal Fitness Trainerに特化した資格です。「NESTA-PFT」はプロのパーソナルトレーナーに養成するために個人の経験だけでなく専門的な科学にも続く運動の知識を学びます。
例を挙げると、運動生理学や機能解剖学といったスポーツに関する体の構造や機能、生理的な反応について学ぶことでトレーニングを指導する際により専門的で科学的に裏付けられた適切なサポート提供をすることができます。NESTA-PFTは世界20ヵ国で展開されておりグローバルスタンダードな資格であり対外的にパーソナルトレーニングの専門家として認可され国際的にも活躍しやすくなります。

パーソナルトレーナーやスポーツトレーナーとしてキャリアアップしたい方に特におすすめの資格です。

NESTA PFTの特徴|どんな人に向いているの?

NESTA-PFTの大きなメリットとして「独学でも取得できる」ことが挙げられます。そのため、既に他の資格を取得していたり、パーソナルトレーナーとして活躍している場合はそこまで取得の優先度は高くありません。自身でパーソナルトレーニングについて勉強しているけど実際に現場で役に立つのか不安という方に特におすすめの資格です。NESTA-PFTは公式問題集が販売されているためテキストを購入し繰り返し勉強することで合格に近づきます。
現在社会人だけどパーソナルトレーナーに転職したいかたにもおすすめの資格であり、取得難易度は高くないですが就職の際に自分の知識を示すことができるため転職で有利になるでしょう。

NESTA PFTは独学でも取得できるのか?

NESTA-PFTは独学でも取得可能なパーソナルトレーナー資格で、初心者やこれからパーソナルトレーナーとして活躍したい人におすすめです。社会人でもパーソナルトレーナーとして転職するためにNESTA-PFTを勉強する人が多く、専門性を高めるためにまず学びたい資格となっています。

資格発行団体のNESTA PFTについて

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)は、米国のカルフォルニアに本拠地を置くパーソナルフィットネストレーナーの資格認定団体です。1992年に創設されてからパーソナルトレーナーに関わる人やスポーツ、フィットネスを仕事にする人を対象に人材育成を行いました。NESTAは国際的にも認可された知名度の高い資格であり、パーソナルトレーナーといったトレーニングを生業とする方にとって基礎的であり登竜門的資格となっています。

NESTA PFT受験条件・取得条件

NESTA-PFTの取得条件として、

(1)NESTA JAPANが発行する公式テキスト(NESTA-PFT)を購入
(2)CPR・AEDに関する技能を学習し、定期的に講習を受けている
※MFA(メディック・ファースト・エイド®)、IMEA(国際救命救急協会)の講座受講を推奨しているため、CRP・AEDに関する講習を受けていない方は積極的に参加が必要。(証明書等の提出義務なし)
(3) 日本国籍または、日本で就労可能な在留資格を有するもの
(4)満18歳以上で、高等学校卒業以上の者、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者、またはNESTAが認定する教育カリキュラム修了者

上記に当てはまらない場合

・高卒資格を取得し通常受講

・NESTA認定校にて教育プログラムを受講の2つの方法があります。

(5) 次の1~4のうち、1つ以上の要件を満たす
1.1年以上のパーソナルトレーナー、スポーツトレーナーとしての実務経験がある。
2.1年以上ののスポーツ指導、フィットネス関連企業での勤務経験がある。
3.体育系、医療系の4年制大学、短大または専門学校を卒業している。
4.NESTAの認定したカリキュラムを受講している。

 

※1~3の要件を満たしていない場合、4のNESTA認定養成講座、カリキュラムの受講が必要となります。

 

NESTA PFTコースと受講費用

 

NESTA-PFT資格合格岩村さん
NESTA-PFTはNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が発行している認定証です。パーソナルトレーナーの資格の中では有名な資格の1つで、日本のジムではこの資格を持っていないと採用されないところも多いです。
合格率は50~60%と言われていますが実技試験がないので、公式テキストを勉強すれば合格に近づくことができるでしょう。

 

・NESTA-PFT認定を受けると次のようなメリットがあります。
パーソナルトレーナーに必要な最低限の知識を学べます。パーソナルトレーナーは栄養、運動生理学、機能解剖学に関する知識を使って、クライアントごとに適切なトレーニングメニュー、食事メニューを提案する必要があります。NESTA-PFTでは科学的根拠に基づいた様々な知識を学べるので、自身の経験や感覚に頼らない確かな知識と技術を修得できます。
・ビジネススキルも学べる

せっかく資格を修得してもあなたの元にクライアントが集まらなかったり、クライアントの継続率が悪かったりすると、あなたはパーソナルトレーナーとしての仕事に満足できませんよね。NESTA-PFTではクライアントとのコミュニケーションの取り方、自身の売り込み方を学べます。これらのビジネススキルを学ぶことでプロのトレーナーとしてクライアントを目標達成に導くことができ、自身の仕事に納得のいく働き方を実現できるようになるでしょう。NESTA-PFTの認定を受けるためには次の3つの方法があります。

・ダイレクトコース

このコースはNESTAが開催する講座を受講せずにNESTA-PFTの試験を受ける人が対象になります。ダイレクトコースを受けられるのはフィットネスクラブでの実務経験がある人や指定の学部を卒業している人に限定されます。
受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受験料 7,500円
受験・資格手数料 36,400円
合計 72,500円
  • ・ゼミコース

このコースは主にパーソナルトレーナーを初めて目指す人やジムでの実務経験がない人が対象です。ゼミコースにはロングゼミコースとショートゼミコースの2種類があります。ロングゼミコースは資格取得に関する知識を1から学びたい人向け、ショートゼミコースは基礎知識はある程度学んでいる方向けになります。

受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

  • 教材費 13,600円
    ゼミコース受講料(ロングゼミコース) 96,000円
    ゼミコース受講料(ショートゼミコース) 48,000円
    事前講習受講料 15,000円
    認定試験受講料 7,500円
    受験・資格受講料 36,400円
    合計(ロングゼミコース) 168,500円
    合計(ショートゼミコース) 120,500円
  • ・WEBコース

このコースはEメールで講師の方と連絡を取りながら、課題を解くことで必要な知識を身に着けていきます。通常は2~3か月でコースを修了します。受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
WEBコース受講料 35,000円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受講料 7,500円
受験・資格受講料 36,400円
合計 107,500円

 

NESTA PFTの勉強方法とおすすめ教材

NESTA-PFTを勉強する場合には、NESTA-PFT公式テキストを購入して、任意で問題集も購入可能です。公式テキストで一通り基礎を学んだあとに問題集を繰り返し反復練習することが合格の近道です。基本的に問題集に書かれている内容が例年出題されているため、問題集を完璧に答えられるようになれば合格率は非常に高くなるでしょう。
また、NESTA-PFTに合格するために必要なことは事前講習会に参加することが事情に重要になります。講習会は任意参加ですがその年度で出題される計算問題や傾向を解説してくれるため説教的に参加しましょう。

NESTA PFT取得後の活躍について

パーソナルトレーナー選び方NESTA-PFT資格を活かせる場所として、フィットネスジムやスポーツジムが挙げられます。また、実業団やアスリートとの専属契約なども経験や実績が就いた場合可能であり一般のクライアントからプロまで幅広く対応できる資格です。NESTA-PFT資格のみでフィットネスジムなど正社員や個人として活躍することも大いに可能ですが加えて他のパーソナルトレーナー資格も取得することでさらに専門性が要求される実業団やアスリート、プロ野球球団等と契約することが可能になるでしょう。

関連記事:スポーツトレーナーの年収を直接取材しました!

まとめ|パーソナルトレーナー資格取得|NESTA PFTについて

この記事ではパーソナルトレーナー資格であるNESTA-PFTについて解説しました。NESTA-PFTはパーソナルトレーナーの登竜門的資格でありトレーニングの基礎となる運動生理学、機能解剖学に加えて栄養学も学ぶことができます。これからパーソナルトレーナーとして活躍し、個人でも有名なトレーナーになるためには資格は必要不可欠です。是非、NESTA-PFTから資格取得を始めてみましょう。

関連記事:パーソナルトレーナーのおすすめの勉強方法を聞いてみました!

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

パーソナルトレーナーとは

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP