メディカルトレーナーの年収は?平均年収や給料をプロが徹底解説!

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

 

「メディカルトレーナーの年収が知りたい!」という方はいませんか?
この記事ではメディカルトレーナーの年収や年収アップのコツを紹介します。ぜひ最後までお読みください。

メディカルトレーナーとは

メディカルトレーナーとは主にケガをした人をサポートするトレーナーのことを指します。具体的にはケガをして試合に出られなくなったスポーツ選手が再び活躍できる状態になるまでサポートしたり、腰痛や骨折などで日常生活が送れなくなっている一般の方が通常の生活に戻れるようにリハビリのサポートをしたりします。

 

またメディカルトレーナーがサポートするのはケガをしている人だけではありません。ケガを予防するためのアドバイスを行ったり、時には応急処置なども行います。

 

メディカルトレーナーの仕事内容

メディカルトレーナーの仕事内容は幅広いです。一番の仕事はケガした人のサポートです。クライアントがケガしたスポーツ選手ならば再びその選手がスポーツを思い切ってできるようにサポートします。

スポーツ選手によってケガしている部位や必要な筋肉などは異なります。そのためスポーツ選手に合ったリハビリを提案することもあります。またケガしている部位以外の筋力トレーニングのメニューを考えて、スポーツ選手の筋肉が衰えないようなサポートも行います。

クライアントが一般の方であれば、骨折や腰痛から回復する際のサポートを行います。またメディカルトレーナーのクライアントはケガした人だけではなく、ケガ予防の指導を行うこともあります。

具体的には一人一人に合った、健康的な生活を送るためのアドバイスを行います。つまりメディカルトレーナーは健康的な生活を送るために人々をサポートすることが主な仕事内容と言えます。

 

メディカルトレーナーになるには資格は必要?

メディカルトレーナーになるための必須の資格はありません。しかしあなたがメディカルトレーナーとして成功したいなら、トレーナーに関する資格を持っておくことをおすすめします。

 

資格を取得しておくことで、あなたがメディカルトレーナーとして働けることを対外的に示すことができます。そのため就職のときにも有利になり、お客様からの信頼も得やすくなるのです。

 

メディカルトレーナーが取得しておくべき資格は以下のようなものがあります。

理学療法士
柔道整復師
NSCA-CPT
NESTA PFT

 

メディカルトレーナーになるには

ここではメディカルトレーナーになるための進路について紹介します。高校を卒業した後は4年制の大学や短期大学、スポーツ系の専門学校で勉強するのが一般的です。

 

メディカルトレーナーになるために4年制大学や短期大学、専門学校では身体に関する知識や応急措置、リハビリテーションなどについて学ぶ必要があります。

 

そのため学校を選ぶ際には健康や医療系、スポーツ系の学部を選択することをおすすめします。学校を卒業した後は自分が働きたい企業で就職活動を行います。

 

メディカルトレーナーの平均年収・給料は?

メディカルトレーナーの年収は一般的に200万円から1,000万円であり、トレーナーによって給料の差が大きいのが特徴です。これは働く場所によって給料が変動することが理由であると言われています。

 

スポーツジムや医療機関などでメディカルトレーナーとして働いている方は200万円~400万円です。一方で1,000万円近く稼いでいる人はスポーツチームやスポーツ選手と直接契約している場合が多いです。年収が高いメディカルトレーナーは少ないので、高い年収を目指す場合は相当な努力が必要です。

 

またスポーツチームやスポーツ選手と直接契約する場合でも、それだけでは生活することができないため、スポーツジムに籍を置いてスポーツシーズンが始まるとスポーツチームに同行する方もいます。

 

メディカルトレーナーの年収UPのコツ

メディカルトレーナーが年収をアップさせる方法としては次のようなものが挙げられます。

経験を積む
資格を取得する
独立する

これらの方法について詳しく紹介します。

 

  • メディカルトレーナーとして経験を積む

あることについて経験値を高めることは、メディカルトレーナーに限らず、どの仕事においても大切です。メディカルトレーナーとしての経験を積むことで、どのようなトレーニングが効果的なのか、あなたが持っている知識を実践の場においてどのように生かせばよいのかがどんどん分かってきます。その結果、あなたのお客様はより短期間で効果が出るようになったり、お客様が楽しくトレーニングできたりするので、あなたの信頼度が上がります。そのため年収アップにつながります。

 

  • 資格を取得する

メディカルトレーナーとして成功したい場合は資格を取得することも大切です。資格を取得することで知識が身についたり、あなたが信頼できる人物であることを対外的に示せます。その結果、あなたを指名するお客様が増えたり、就職において有利になったりするのです。

  • 独立する

ジムなどで働くのではなく、独立することも年収アップにつながることがあります。独立すると勤務先に仲介料を取られることがなくなるからです。ほかにもあなたが仕事をすればそれに伴って年収がアップすることも独立することのメリットです。

しかしデメリットもあります。独立すると自分で営業を行う必要があります。そのためマーケティングの知識が必要になり、勉強することは増えます。また仕事がない時期は収入を得ることができません。そのため収入が不安定になることも多いです。

 

メディカルトレーナーで役に立つ知識は?

メディカルトレーナーで役立つ知識は次のようなものが挙げられます。

身体に関する知識
応急処置やリハビリテーションなどのケガに関する知識
コミュニケーション能力

これらについて詳しく説明します。

  • 身体に関する知識

メディカルトレーナーはお客様の身体に向き合うことが仕事です。そのため、身体に関する知識は必須といっても過言ではありません。

  • 応急処置やリハビリテーションなどのケガに関する知識

メディカルトレーナーはケガをした人を対象にして仕事をすることも多いです。そのためリハビリテーションの知識は大切になります。またお客様がトレーニング中にケガした場合や、試合に同行する場合に応急処置を行うことがあります。臨機応変に対応するためにもケガに関する知識は必須です。

  • コミュニケーション能力

メディカルトレーナーは人を相手にして仕事を行います。お客様がトレーニングを継続するため、そしてあなたがメディカルトレーナーとして成功するためにもコミュニケーション能力は大切です。

 

メディカルトレーナーの就職先

多くのメディカルトレーナーが就職先として選んでいるのは、スポーツジムです。ほかにも高齢者をサポートするために医療機関で働く人も増加しています。スキルが高くなると、スポーツチームやスポーツ選手と直接契約して試合や合宿に同行することもあります。

 

メディカルトレーナーに向いている人・適正

メディカルトレーナーは次のような人に向いています。

  • コミュニケーション能力が高い人
    勉強を継続できる人
    お客様の目標に向かってサポートできる人

これらについて説明します。

  • コミュニケーション能力が高い人

メディカルトレーナーはお客様とのコミュニケーションが必須です。お客様がトレーニングやリハビリを頑張って成果を出すためにはメディカルトレーナーの応援や励ましが欠かせません。そのためメディカルトレーナーにはコミュニケーション能力が大切になります。

 

  • 勉強を継続できる人

医学や身体の分野は研究が日々進歩しており、新しいことが発見されることも少なくありません。正しい知識をもって指導を行うために、メディカルトレーナーになった後も勉強をする必要があります。そのため勉強を継続できる人がメディカルトレーナーに向いています。

 

  • お客様の目標に向かってサポートできる人

メディカルトレーナーはお客様が目標に向かって努力するのをサポートすることが仕事です。そのため1つの目標に向かってお客様をサポートし、結果を出すことが大切です。縁の下の力持ちとして働きたい人にはぴったりの仕事であると言えます。

 

まとめ|メディカルトレーナーの年収は?平均年収や給料を徹底解説!

ここまでメディカルトレーナーの年収を紹介しました。メディカルトレーナーは働く場所やスキルによって大きく異なるのが特徴です。年収アップのコツを知って、満足のいく働き方をしましょう。

 

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

スポーツトレーナー将来性

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP