副業でスポーツトレーナーを始めるには?

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

 

「スポーツトレーナーになりたいけど、いきなり会社辞めるのは少しためらう。」
「副業でスポーツトレーナーになれるのかな?」など副業でスポーツトレーナーを始めたい方へ向けた記事です。この記事では副業でもスポーツトレーナーになることが可能な理由とスポーツトレーナーになるための具体的なステップを紹介します。副業でスポーツトレーナーになることを迷っているあなたもこの記事を読むことでしっかりとした道筋が理解できますよ。ぜひ最後までお読みください。

副業にスポーツトレーナーがおすすめな理由

スポーツトレーナー副業

ここでは副業にスポーツトレーナーがおすすめな理由を紹介します。理由は以下の3つです。

1.資格がなくてもスポーツトレーナーとして働くことができる
2.トレーナーによっては場所や時間を選ばない
3.コミュニケーションやコーチングなど総合的なスキルがつく

それぞれについて詳しく解説します。

理由①資格がなくてもスポーツトレーナーとして働くことができる

あなたはスポーツトレーナーになるためには資格が必要ないことをご存じでしょうか?スポーツトレーナーは資格取得は必須ではないため、副業として始めやすい職業でもあるのです。そのため極端を言えば、あなたは今からでもスポーツトレーナーを名乗ることができます。
しかし、スポーツトレーナーに関連する資格を取得しておいた方が、今後ジムなどで勤務する際に肩書きとしたり、クライアントから信頼を得ることができます。一方で資格がなくてもジムでの勤務しながら知識を吸収したり資格の勉強を行ったりすることも可能です。

理由②トレーナーによっては場所や時間を選ばない

スポーツトレーナーは好きな時間に好きな場所でトレーニングを行うことも可能です。それは担当するクライアントによって指導してほしい時間帯が異なるからです。例えば、あなたのクライアントが昼からの勤務だったら朝早くにトレーニングを終わらせたいと考えているかもしれません。ほかにも平日はトレーニングする時間がないから土日だけ希望する場合もあります。ほかにも会社の近くでのトレーニングを希望するクライアントや、オンラインでの指導を希望する方もいます。このようにクライアントによってトレーニングの時間帯や場所は異なります。そのためあなたがスポーツトレーナーとして働ける時間にマッチするクライアントも多くいるので、本業と副業を両立できる可能性が高いのです。

理由③コミュニケーションやコーチングなど総合的なスキルがつく

パーソナルトレーナー資格

スポーツトレーナーとして働き始めると対人関係スキルが身につきます。スポーツトレーナーは対人の仕事であるからです。どの仕事でも同じですが、スポーツトレーナーのような職業は特にクライアントとの信頼関係や対人関係が重要です。あなたにいくらトレーニングに関する知識があったとしてもコミュニケーション能力がなければクライアントと良好な関係を築くことは難しいです。つまりスポーツの知識だけ持っていてもなかなかお客様の獲得に結びつかないこともあるので、スポーツトレーナーとして成功したいならスポーツに関する知識だけでなくコミュニケーション能力なども身に着けることが大切なのです。しかし、スポーツトレーナーとして働くことで総合的な知識を身に着ければ、それを本業に生かすことも可能です。

スポーツトレーナーは会社を辞めずに副業が可能!

NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生5ここまで副業にはスポーツトレーナーがおすすめの理由を紹介しました。しかし「会社員を続けながらスポーツトレーナーになるのは難しそう。」と思っている方もいるのではないでしょうか。ここではスポーツトレーナーは会社を辞めなくても始められる理由について紹介します。

 

理由は以下の3つです。

1.平日の空いた時間に副業が可能
2.土日など週末に副業できる
3.業務委託などで働きやすい

それぞれについて詳しく解説します。

理由①平日の空いた時間に副業が可能

スポーツトレーナーは本業がある平日でも空いた時間を利用して副業を行うことが可能です。それはクライアントによって希望する時間帯が異なるため。例えばあなたが日中に働くサラリーマンだと仮定します。すると副業ができるのは仕事が終わった夜ですよね。しかしあなたと同じように平日は夜しか空き時間がなく、その時間を利用してトレーニングがやりたい方はたくさんいるので、平日でも副業ができるのです。

平日は夜以外にも、朝の出勤前に軽くトレーニングを行いたい方はいます。つまり一日を通してスポーツトレーナーを必要としている人がいるので、あなたの空き時間に指導を行うことが可能なのです。

理由②土日など週末に副業できる

平日は本業で疲れるから休日だけ副業したい方にもスポーツトレーナーはおすすめです。トレーニングがやりたい方は土日にもたくさんいるからです。特に社会人は平日は仕事で忙しいため、土日にプログラムを組んでいるジムもあります。「本業がきついけど、スポーツトレーナーもやってみたい。」という方は土日などの週末だけ副業を行うと体を壊すことなく、本業と副業の両立が可能になります。

理由③業務委託などで働きやすい

スポーツトレーナーになる場合は、ジムと業務委託契約を交わして働くことも可能です。業務委託で働く場合、ジムやスタジオの会員のトレーニング指導を行います。業務委託で働く場合のメリットはセッションを組めばそれだけ収入が上がることや、複数のジムやスタジオと契約が結べること、さらにはジムの運営には関わる必要がないことなどが挙げられます。一方のデメリットは、セッションがないと収入が得られないことやジムの社員ではないため、福利厚生はないことなどが挙げられます。

しかし自分自身で営業する必要がないため、独立するよりも簡単に働けることが業務委託の最大の特徴です。

副業でスポーツトレーナーをする場合の注意点とポイントは?

NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生3

魅力がたくさんあるスポーツトレーナーですが、副業で始める場合には注意しなければならないことがあります。

1.会社への許可と税金関係

2.スポーツトレーナーには5種類あるため選択が必要

今回はこの2点について詳しく解説します。

 

注意点①会社への許可と税金関係

スポーツトレーナーに限らず、副業で収入を得る場合には会社が副業を許可しているのかを確認することが大切です。万が一あなたの会社が副業を認めていないにも関わらず副業を行った場合には、最悪の場合はクビになってしまう可能性もあります

副業を認めているかどうかは就業規則を見れば分かる場合が多いです。重大なトラブルを避けるためにも会社への許可を確認してください。さらに副業で収入を得る場合には税金が関わってきます。ジムの専属トレーナーになる場合には給料からあらかじめ税金が差し引かれていることもありますが、独立する場合は自分で税金を納める必要があります。健全に副業を行うためにも税金関係で分からないことがあれば、税理士の方に直接聞いてみることをおすすめします。

注意点②スポーツトレーナーの働き方を決める(種類について)

パーソナルトレーニング授業風景パーソナルトレーナーなるには

一般に「スポーツトレーナー」と言われる職業は大きく分けて5種類あります。

①フィットネストレーナー

多くの人はスポーツトレーナーと聞くとフィットネストレーナーを想像することが多いです。
フィットネストレーナーは主にジムやスタジオで一般の方のトレーニング指導を行います。資格がない方でも採用してもらうことも可能です。

②アスレチックトレーナー

アスレチックトレーナーは主にスポーツ選手を対象とするトレーナーです。
スポーツ選手がケガした場合の処置やケガをしにくい体作りを行います。スポーツに関する専門的な知識が求められる職業なので、理学療法士の資格やアスレチックトレーナーに関する民間の資格を取得することをおすすめします。

③メディカルトレーナー

メディカルトレーナーは整形外科などの医療現場で、ケガした人が回復するためのトレーニングの指導・補助を行います。
専門性が要求される職業であり、理学療法士の資格などを取得することが必須となる場合もあります。

④コンディショニングトレーナー

スポーツ選手などの運動で疲労した人のケアを行います。またスポーツ選手だけではなく、一般の方を対象にする場合もあります。
資格は必須ではありませんが、トレーニング方法のほかにもストレッチなどの知識も要求されることもあります。

⑤ストレングストレーナー

スポーツ選手の身体能力を高めるためのトレーニング方法を考えたりトレーニング指導を行ったりします。
身体に関する豊富な知識が求められる職業です。必須の資格はありませんが、ストレングストレーナーに関する資格を取得することで、クライアントからの信頼を得られます。

 

スポーツトレーナーとして副業し転職・独立を成功させるポイント

パーソナルトレーナー年収・給料ここからはスポーツトレーナーとして成功するためのポイントを紹介します。
今回は以下の3点について詳しく解説します。

1.スポーツトレーナーの資格を取得する
2.スポーツや運動に関する専門性を高める
3.ビジネススキルを学ぶ(独立の場合)

 

ポイント①スポーツトレーナーの資格を取得する

スポーツトレーナーになるためには資格取得は必須ではありません。しかし副業で成功したい場合には資格を取得することをおすすめします。ジムやスタジオで勤務する場合には応募条件としてスポーツトレーナーに関する資格を求められることがあります。

さらに資格を取得することはお客様を獲得するためにも大切です。資格を取得していると、お客様からは「しっかりとした知識を持っている。」と思ってもらえるため、あなたを指名してもらいやすくなります。特にトレーナーとして働き始めたばかりの頃は実績がないので、資格があなたの肩書きとなるのです。

関連記事:パーソナルトレーナー資格「NESTA PFT」を徹底解説!取得方法や費用は?

 

ポイント②スポーツや運動に関する専門性を高める

パーソナルトレーナーモテる

スポーツトレーナーとして成功するためにはやはり専門性を高めることが必須となります。さまざまな知識を持っていることで、幅広い方に対して適切なトレーニング指導を行えます。また適切なアドバイスを行うことでお客様からの信頼も得られます。
スポーツトレーナーに特に必要な知識は以下の2つです。

  • 1.機能解剖学・運動生理学・栄養学

    2.コーチングスキル

機能解剖学・運動生理学・栄養学

スポーツトレーナーになるためには機能解剖学、運動生理学、栄養学などのトレーニングの基礎知識は欠かせません。機能解剖学:体を構成する骨、筋肉の名称や働きを勉強します。運動生理学:運動が体に及ぼす影響を学びます。栄養学:各食品の栄養素や栄養素の働きなど食に関する知識を修得します。

これらをより深く学ぶことで、各クライアントに適した運動メニュー、食事メニューを提案できるようになります。

コーチングスキル

スポーツトレーナーが要求される知識はトレーニングに関するものだけではありません。クライアントがトレーニングにくじけそうになったときに励ましたり、時には悩みを聞いたりして、クライアントが目標を達成するように促すことが大切です。コーチングスキルは実務経験を通して得ていく方法がありますが、他にもコーチングに関する資格を取得する方法もあります。

コーチングスキルはさまざまな場面で応用することができるので、あなた自身のレベルを高めるためにもぜひ身に着けましょう。

ポイント③ビジネススキルを学ぶ(独立の場合)

トレーナー資格勉強

あなたが独立してスポーツトレーナーになることを目指している場合はビジネススキルも修得する必要があります。
スポーツトレーナーに必要なビジネススキルは以下のようなものがあります。

1.ターゲットを決める
2.営業・宣伝
3.トレーニングの場所決め

これらは独立するためには大切な決定事項であり、経営者としての知識が不可欠です。
しっかりとビジネスについて学ぶことで今後のスポーツトレーナーとして成功するかどうかが決まります。

スポーツトレーナーにおすすめの資格

パーソナルトレーナーとは

ここからはスポーツトレーナーにおすすめの資格を紹介します。資格取得は必須ではありませんが、資格を取得することであなたの信頼性を高め、お客様獲得につなげましょう。
スポーツトレーナーになるためのおすすめの資格は以下のようなものがあります。

  • 1.公認アスレティックトレーナー
    2.理学療法士
    3.柔道整復師
    4.鍼灸師

これらの資格を取得するとお客様がケガした時にも適切な処置ができるようになります。

パーソナルトレーナー資格取得で専門性を高める

パーソナルトレーニング実践授業風景

スポーツトレーナーで成功できる確率を高めるには、スポーツトレーナーの資格を取得するだけではなくパーソナルトレーナーの資格を取得することもおすすめです。パーソナルトレーナーの資格も取得することのメリットは、より豊富な知識を得られること、お客様からの信頼性を得られることが挙げられます。

パーソナルトレーナーとして働く人の多くが取得する資格は次の2つです。

  • 1.NESTA-PFT資格

    1.NSCA-CPT資格

これらの資格について詳しく解説します。

 

①NESTA-PFT資格について

NESTA-PFT資格は全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会が開催している資格でパーソナルトレーナーの間では有名な資格です。そのため、この資格を取得すると、ジムでの採用やお客様獲得の面で有利になります。この資格と取得することで身体やトレーニングの知識、さらに起業するためのビジネススキルなどの幅広い知識が修得できます。

受験方法もダイレクトコース、ゼミコース、WEBコースの3種類があるので、自分に合った方法で受験しましょう。

 

②NSCA-CPT資格について

この資格はNSCAが主催している資格です。この資格を取得することで医学的な専門知識まで身につくので、幅広い年代の方に指導できるようになります。日本では有名な資格なので、取得することでジムでの採用の面では有利になります。お客様からの信頼度も上がるでしょう。

テストは指定されたテストセンターでコンピュータを使って受験する方式です。あらかじめ定められた試験日時などはなく、受験者の都合が良い日を指定します。あなたの空いた時間を使ってテストを受けられるのがメリットです。

まとめ|副業でスポーツトレーナーを始めるには?

ここまで副業でスポーツトレーナーを始めるためのノウハウを紹介しました。
会社に勤めながら副業でスポーツトレーナーになることは可能です。
未経験の方は資格を取得したり、業務委託で働いたりして、本業と両立できる方法を探すことをおすすめします。また副業を始める際には会社の許可を取ることや納税手続きを忘れないようにしましょう。

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

パーソナルトレーナーとは

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP