スポーツトレーナーの服装はこれで決まり!ジム内で失敗しない服装や必要な持ち物を紹介します

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

「スポーツトレーナーってどんな服装をしたらいいの?」「スポーツトレーナーの仕事で持っていた方がいいものって何?」といった疑問が出てきますよね。そこで本記事では、スポーツトレーナーにおすすめの服装や仕事に必要な持ち物について紹介します!男性・女性共にジム内での服装について困っている方の参考になれば嬉しいです。

スポーツトレーナーにおすすめの服装は?

スポーツトレーナー服装

サラリーマンや制服がある職業とは違い、スポーツトレーナーって何を着たらいいかわからないですよね。
スポーツトレーナー におすすめの服装としては以下の2つです。

 

1.動きやすく速乾性の高い服装

2.清潔感のある服装

 

1の動きやすく速乾性のある服装についてですが、当たり前ですがスポーツトレーナーは体を動かすことが前提の職業のため、ジーパンなどの動きにくい服装は絶対にNGです。

必ず伸縮性のあるジャージ素材であることは必須です。そして、夏場でも冬場でも室内で運動することが多いため、速乾性のある服装であることが重要になってきます。速乾性の高い素材だと、汗をかいた後なかなか乾かず、気持ち悪い感覚になりながらトレーニングをしてしまう恐れがあります。また、長時間その状態でトレーニングを続けてしまうと風邪を引いてしまう危険性もあるので、必ず速乾性の高い服装を選択しましょう。

2の清潔感のある服装についてですが、スポーツトレーナーは自分自身を鍛える職業ではなく、人にトレーニングを指導する仕事です。そのため、どんなに動きやすく速乾性の高い服装をしていても、服に大量の毛玉がついていたり、穴が開いていては顧客を獲得することはできません。しかし、スポーツトレーナーとして活動したてだとしても、ある程度清潔感があれば継続的に顧客を獲得していくことが可能です。

スポーツトレーナーはトレーニングに関する知識や技術も必要となる職業ですが、清潔感を保つことも非常に重要なので、トレーニングの前に服装を確認してみましょう。

スポーツトレーナーにおすすめの服装【男性の場合】

スポーツトレーナー服装

男性スポーツトレーナーにおすすめの服装はシンプルに「短パン・Tシャツ」です。季節によって長袖・長ズボンに変更する必要がありますが、基本的には上記のセットで問題ありません。上記でも解説している通り、動きやすく速乾性の高い・清潔感のある服装の観点から考えると、短パン・Tシャツが1番適している服装であることが考えられます。特に男性の場合、女性の方よりも速乾性の高い服を着用していなければ匂いが篭ってしまう可能性があり、清潔感を気にする必要があるんです。しかし、特別なスポーツウェアを用意する必要がないため、準備に時間がかかりません。

そのため、短パン・Tシャツがおすすめの服装と言えます。

スポーツトレーナーにおすすめの服装【女性の場合】

スポーツトレーナー服装

女性スポーツトレーナーにおすすめの服装は「透けない素材のウェア・レギンス」の2つです。女性の場合、トレーニングを行っている際に他人に体をみられるとどうしても気になってしまいますよね。そのため、服装は必ず透けない素材のウェアを選ぶようにしましょう。見えられも全く気にしない、と考えている方もいるかもしれませんが、トレーニングを行っているとどうしても汗をかいてしまいます。その際に透ける素材のウェアを着用していると、トレーニングを受けている方が目のやり場に困ってしまうため、透けない素材のウェアを着用するようにしましょう。

また、トレーニングを受けにきている方の手本となるよう体のラインがくっきり出るレギンスを着用するのがおすすめです。

スポーツトレーナーにおすすめのシューズ(靴)は?

スポーツトレーナー服装

スポーツトレーナーにおすすめのシューズなのは「スニーカー」です。トレーニング中は足腰を使いしっかり地面に雲張る必要があるため、サンダルなどでは動きズらくなってしまいます。そのため、しっかりと踏ん張ることができるスニーカーがおすすめです。また、激しいトレーニングを行う場合は、軽さに重点を置いているランニングシューズなどを履いてみるのも1つの手と言えます。

自分自身のトレーニングの内容によって靴を分けてみるのも、効果的です。

ジムでおすすめの服装は?【参加者の服装について】

スポーツトレーナー服装

ジムで個別にトレーニングする際のおすすめの服装は上記で紹介している服装と同じく「速乾性の高い服」です。個別でトレーニングを行う場合でも、汗をかく可能性は非常に高いため、汗が早く乾くように速乾性の高いウェアを着用するようにしましょう。しかも、開いた時間でジムにいきトレーニングを行っている方は、着替えてトレーニングを行う場合が多いです。

そのため、速乾性も高く・持ち歩ける服装がベストと言えます。女性の場合は、スポーツトレーナーやジムでトレーニングを行っている方がジムを退会する1番の理由は「人の目が気になるから」となっています。男性が多いジムでは、男性のデリケートゾーンに目に行くことは少ないのですが、どうしても女性が少ないジムでは人の目を気にしてしまう傾向にあります。人の目が気にならないよう、女性の方はインナーが透けない服装を選んで着用してくることで、快適にジム内でトレーニングを行うことが可能です。

また、スポーツトレーナーだけではなく、ジムでは様々な人がトレーニングを行いにくるため最低限の清潔感は保った状態でくるようにすることも重要です。

コンプレッションシャツは着たほうがいいのか?

コンプレッションシャツとは、着用中常に加圧を感じることができる素材を採用しているシャツのことを指します。運動をしていない時でも体を加圧することで、シェイプアップにもつながりますし、トレーニング中も適度な加圧を感じることで筋肉に無駄な動きをさせない効果を期待できるんです。

しかも、体の部位を加圧で補強してくれるため、適度なテーピング効果も得られるので安全委トレーニングを続けることも可能となっています。そのため、スポーツトレーナーにかかわらず、トレーニングを行う方であれば着た方がいいです。また、コンプレッションシャツは加圧シャツとよく同じにされがちですが、内容は全く異なります。体に負荷をかける力が加圧シャツの方が強く、コンプレッションシャツに比べてトレーニング中かなり体が痛くなるのが特徴です。

コンプレッションシャツは、上記のような効果も得られますし、着用している際は体が引き締められているので、コンプレッションシャツを脱いだ後の引き締まった体を目指してトレーニングに励むことができます。

スポーツトレーナーの仕事で持っておくと便利なものは?

スポーツトレーナー服装

スポーツトレーナーの仕事で持っておくと便利なものは以下の通りです。

テーピング

ガーゼ
手袋
コールドスプレー

主にスポーツ選手やトレーニングを行っている一般の方が万が一怪我をしてしまった際、応急処置として利用できるものが便利なものになります。また、その他薬用用品や湿布などもトレーニングの場面ではかなり有効なので、仕事中は用意していても問題ないでしょう。しかし、あまりいろいろなものを持ち歩いていると、重くなり移動しづらくなってしまいます。そのため、スポーツトレーナでも、基本的にはその場で考えられる必要最低限の荷物を持ち歩くだけで問題ありません。

ジムでトレーニングを指導しているスポーツトレーナの方であれば、ジムの中に荷物を置いておくことで様々な状況下でも対応することができるので、予め用意しておくことも重要です。

スポーツトレーナーの私服でおすすめの服装

スポーツトレーナー服装スポーツトレーナーの私服でおすすめの服装は以下の2つです。

 

1.普段鍛えている体を強調するピチピチの服

2.トレーニングを忘れて着用しておける服装(パーカーなど)

 

1の普段から鍛えている体を強調するピチピチの服ですが、鍛えた自分自身の体が強調される服装です。自分の体に自信がある方にはおすすめの服装となっており、私服として上記でも紹介しているコンプレッションシャツを着用することでオフの日でも常に体に負荷をかけ続けるため、毎日トレーニングを行うことが可能となっています。

また、あまり筋肉量がない方でも常にトレーニングができるように体を強調する服を着用しておくのもおすすめです。

2のトレーニングを忘れて着用しておける服装(パーカーなど)は、ピチピチの服装とは違い体に全く負荷をかけない服装になります。「トレーニングは好きだけど、休みの日はしっかり休みたい」といった方もいるのではないでしょうか。スポーツトレーナーだからといって、毎日トレーニングを行っているわけではありません。オフの日は仕事とトレーニングを忘れてパーカーやスウェットなど、体に全く負荷をかけない服装を着てみるのもおすすめです。

関連記事:パーソナルトレーナー資格「NESTA PFT」を徹底解説!取得方法や費用は?

まとめ|スポーツトレーナーの服装はこれで決まり!失敗しない服装や仕事に必要な持ち物を紹介します

スポーツトレーナー服装

以上、スポーツトレーナーにおすすめの服装や仕事に必要な持ち物について紹介していきました。スポーツトレーナーになりたての時は、何を着ていったらいいかわからないですよね。そんな時は、上記で解説している「動きやすく速乾性の高い服装」・「清潔感のある服装」を意識してみてください。周りからの評価も高くなりますし、自分自身のモチベーション向上にも関係してくるため上記服装がおすすめです。

また、スポーツトレーナーを始めるのであれば、服装だけではなく仕事に必要な持ち物も用意するようにしましょう。基本は、トレーニングを受けている方が怪我をしてしまった場合の応急処置を行うことができる持ち物がおすすめです。本記事で紹介している服装や持ち物は、ある程度用意が揃えばそこから新たに揃える必要はありません。

現在スポーツトレーナーとして活躍している方でも、今回紹介している服装ではない方は、一度意識してみてはいかがでしょうか。

関連記事:スポーツトレーナーの年収を直接取材しました!

関連記事:未経験からスポーツトレーナーになるために必要なこと!プロに直接取材します!

関連記事:【プロに直接取材】パーソナルトレーナーに気になる年収は?年収UPのコツも解説!

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

スポーツトレーナー服装

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP