メディカルトレーナーとは?仕事内容や資格を紹介

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

 

「メディカルトレーナーの仕事が知りたい!」という方に向けた記事です。
今回はメディカルトレーナーの仕事内容や資格について詳しく紹介します。この記事を読むとメディカルトレーナーの仕事に詳しくなり、メディカルトレーナーになるために必要なことも分かりますよ。ぜひ最後までお読みください。

メディカルトレーナーとは

メディカルトレーナーとは、様々な人がケガから回復するのをサポートする仕事です。例えばケガしたスポーツ選手のリハビリメニューを考えたり、骨折した一般の方のサポートなどを行ったりします。

メディカルトレーナーの仕事内容

メディカルトレーナーの仕事内容はケガした人の回復をサポートするために一人一人にあったメニューを考え、指導します。例えばスポーツ選手を対象にする場合には、ケガした箇所に影響がないようなトレーニングメニューを考えてリハビリを指導します。また一般の方を対象にする場合には、骨折などのケガから回復するためのリハビリ指導を行います。

 

メディカルトレーナーになるには

ここではメディカルトレーナーになるための方法を紹介します。

メディカルトレーナーになるためには高校を卒業後、四年制大学、短期大学、専門学校でメディカルトレーナーに必要な知識を勉強する方法が一般的です。メディカルトレーナーになるためには、リハビリテーション、栄養学、スポーツ医学、応急処置などの知識が身に着けられる学部・専門学校をおすすめします。

 

メディカルトレーナーに必要な知識を身に着けた後は、ジムや医療機関、介護施設などに就職して、メディカルトレーナーとして働きます。

 

メディカルトレーナーになるには資格は必要?

メディカルトレーナーは資格がなくてもなることができます。しかし資格を取得することで、より専門的な知識が得られます。また資格を持っていることで、対外的にあなたに知識があることを示すことができます。そのため資格を持っている方が就職の際に有利になります。またお客様からの信頼も得やすいです。

 

そのため資格を取得することはあなたがメディカルトレーナーとして成功するための必須条件と言えるでしょう。

 

メディカルトレーナーにおすすめの資格

ここからは、メディカルトレーナーにおすすめの資格を紹介します。

今回紹介するのは次の4つです。

NESTA PFT(NESTA認定資格)
NSCA CPT(NSCA認定資格)
理学療法士
柔道整復師

これら4つの資格について詳しく紹介します。

メディカルトレーナー資格①NESTA PFT(NESTA認定資格)

NESTA PFTは全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会が運営している資格です。トレーナーの間ではとても有名な資格なので、この資格を取得することで就職では有利になるでしょう。

NESTA-PFTを取得することで人体に関する知識やトレーニングに関する知識、またトレーナーとして独立する際に必要となるビジネススキルに関しても身に着けることができます。つまりトレーナーになるための必要な知識をひと通り学べるのです。

また受験方法も「ダイレクトコース」、「ゼミコース」、「WEBコース」の3種類があります。あなたにあった方法で受験することをおすすめします。

メディカルトレーナー資格②NSCA CPT(NSCA認定資格)

スポーツトレーナー資格勉強NSCA CPTはNSCAの支部であるNSCA Japanによって主催されている資格です。この資格はトレーナー界では有名で、多くのトレーナーが保有しています。そのためこの資格を取得していることで就職の際に有利になります。また一定の知識があることを対外的に示せます。

NSCA CPTを取得することで、トレーニングに関する知識や指導方法、医学的専門知識を学べます。資格を取得することで、専門的な知識が身につくのです。NSCA CPTの受験は特定のテストセンターで行います。あらかじめテストの日程が決まっているわけではなく、あなたの都合が良い日にテストを予約することで受験します。あなたのタイミングで受験できるので、受験しやすいです。

メディカルトレーナー資格③理学療法士

国家資格である理学療法士もメディカルトレーナーになる際に役立ちます。理学療法士の資格と取得することで、ケガした人に対して医学的に正しい知識を持ってサポートします。メディカルトレーナーは国家資格があるかどうかが大きな違いになります。理学療法士の資格を取得することでメディカルトレーナーに必要な知識を得ることができるほか、国家資格を取得することで就職の際に有利になるでしょう。

メディカルトレーナー資格④柔道整復師

柔道整復師は国家資格であり、メディカルトレーナーになりたい方におすすめの資格です。柔道整復師の資格を取得することで、関節、骨などのケガに対して手術をしない方法での治療が行えるようになります。

ケガした人をサポートするメディカルトレーナーにとっては大変役に立つ資格です。例えばケガした人のトレーニング指導だけでなく、治療も同時に行うことができます。柔道整復師の資格を取得することで、メディカルトレーナーとして、より幅広く活躍できるようになるでしょう。

メディカルトレーナーで役に立つ知識は?

メディカルトレーナーは身体とスポーツに関して詳しくなる必要があります。メディカルトレーナーはクライアントに合ったスポーツメニューを考える必要があります。

そのため運動生理学や解剖学のような身体に関する知識のほか、トレーニング理論などのトレーニングメニューを作るのに必要な知識を身に着けることが大切です。またクライアントがトレーニング中にケガしても対応できるように応急処置を学んでおくと役に立ちます。

メディカルトレーナーの就職先

メディカルトレーナーの就職先は幅広いのが特徴です。スポーツチームやスポーツ選手と直接契約することで試合や合宿に同行することもあります。他にもスポーツジムなどで働いて一般の方を対象にして指導を行ったり、医療機関で高齢者やケガした人のリハビリをサポートしたりします。

メディカルトレーナーに向いている人・適正

トレーニングにおいて主役になるのはクライアントであり、メディカルトレーナーは縁の下の力持ちのような役割を担います。そのため様々な人をサポートしたい人、スポーツ選手が夢を追うのを手助けしたい人などが向いていると言えるでしょう。

また医学やスポーツの分野は次々と新しいことが発見されます。それに伴いあなた自身の知識もアップデートする必要があります。そのためメディカルトレーナーになってからもしっかりと勉強して新しいことを学ぶ意欲のある人が向いています。

さらに、メディカルトレーナーはケガした人と多く向き合うことになります。ケガしている人の中には、ケガに対する不安や早く動きたいけど思うようにはいかないことから、ストレスを抱えていたり、精神的に不安定になっていることもあります。そのような人たちをサポートするためにコミュニケーション能力なども必要になります。

 

まとめ|メディカルトレーナーとは?仕事内容や資格を紹介

ここまでメディカルトレーナーについて紹介しました。メディカルトレーナーはケガした人をサポートすることが主な仕事です。メディカルトレーナーになるために資格は必要ありませんが、あなたがメディカルトレーナーとして働けることを示すためにもトレーナーに関する資格を取得することをおすすめします。

縁の下の力持ちとして働きたい人、誰かの夢を応援したい人などはメディカルトレーナーになることをおすすめします。

 

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

スポーツトレーナー将来性

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP