スポーツトレーナーは独学でもなれるの?プロが独学で取得可能な資格を紹介

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

スポーツブームに伴い、スポーツトレーナーの需要も高まっています。s

 

そんなスポーツトレーナーですが、『独学でもスポーツトレーナーになれるの?』『独学で取得可能な資格を知りたい』といった疑問をお持ちなのではないでしょうか。そこで本記事では、独学でスポーツトレーナーに必要な資格を取得可能なのかをプロが解説します!

これからスポーツトレーナーを目指す方の参考になると嬉しいです。

スポーツトレーナーは独学でもなれる?

スポーツトレーナーには、独学でもなることはできます。
スポーツトレーナーと聞くとどうしても、専門知識が必要であったり、実地経験をイメージしてしまうことが多いです。また、独学で勉強する時間や自信もなく、現在勤務している会社をやめてスクールに入るほど踏み切れないといった方も多いのではないでしょうか。

しかし、スポーツトレーナーになるということは、そこまで難しいことではありません。その理由を詳しく解説していきます。

スポーツトレーナーという資格はない

そもそも日本のスポーツトレーナーには、『スポーツトレーナー』といった資格はありません。そのため、どんな人でも今すぐスポーツトレーナーとして活動することは可能です。

しかし、スポーツトレーナーとして活動して、お金を稼いでいくためには、ある程度知識と経験が必要になってきます。

そこで必要になってくるのが資格です。スポーツトレーナーとして活動していくのに有利になる資格は複数存在していますが、大きく分けて『民間資格』と『国家資格』に分類することができます。民間資格であれば、独学で数週間~数ヶ月勉強することで取得することは可能です。

独学ではないが基本的に国家資格が人気

上記で解説している通り、民間資格は独学で取得が可能ですが、国家資格に関しては独学で取得することはできません。
国家資格の場合、短大・専門学校の卒業が必要になります。しかし、独学で取得することはできませんが、基本的には国家資格が非常に人気となっており、民間資格と国家資格を2つ取得する方が多いです。

また、国家資格を取得していれば、自分自身の実力を指し示すことができるため、スポーツトレーナーとしての就職が有利になったり、スポーツチームの専属スポーツトレーナーとして活動することも可能になります。

スポーツトレーナー独学のメリット

スポーツトレーナー資格取得を独学で行う際のメリットは以下の通りです。

 

  • 自由に勉強時間を確保できる

    スクールよりも予算がが安い

 

スクールに通い勉強を行う場合、1日の大半をスクールで過ごすことになり、普段働いている方にとっては現実的ではありません。独学で勉強する場合、自身の活動時間に合わせて時間を確保できる点は最大のメリットと言えるでしょう。

また、スクールに通う場合、数百万単位で費用が発生するため、ある程度資金の用意が必要になります。しかし、独学の場合、参考書の購入費・試験費用のみ準備するため、スクールに通うことを考えるとかなり費用を抑えることが可能です。

スポーツトレーナー独学のデメリット

スポーツトレーナー資格取得を独学で行う上でのデメリットは以下の通りです。

筆記問題だけ勉強するため、実技が身につかない
モチベーション管理・自己管理が難しい
不明点を調べる時間を減らすことができる

 

スポーツトレーナーの資格を独学で勉強することは可能ですが、あくまで筆記問題だけです。
取得を目指す資格によっては、実技試験も必要になる場合があるため、筆記だけを重点的に行なっていても試験に合格することはできません。

また、独学で勉強する際に1番難しい点がモチベーション管理・自己管理です。

日中仕事をしている人にとっては、自宅に帰ってきてから勉強のための時間を作り集中して取り組むことは非常に難しく、勉強し始めであれば続くのですが、長期間モチベーションを保つことができない場合が多いです。また、自分自身で試験内容を確認・把握して学習していく自己管理も難しいのが最大のデメリットと言えます。

しかし、スクールに通う場合は、講師や同時に講義を受けている存在があるため、モチベーションを保ちやすいです。独学と違い発生している費用も大きいため、自己管理能力も上がります。

また、独学では勉強中にわからない点があれば、自身で調べて確認します。しかし、自身で確認を行うと、正解なのかどうかを確認することもできませんし、納得することもできません。

そのため、モチベーション管理・自己管理が苦手な方はスクールに通うことを検討してみてはいかがでしょうか。

スポーツトレーナーで独学でも取得可能な資格

国家資格と違い、独学でも取得可能なスポーツトレーナーにおすすめの資格を紹介していきます。

おすすめの資格は以下の2つです。

 

NESTA PFT(NESTA認定資格)
NSCA CPT(NSCA認定資格)

 

それでは、解説していきます。

NESTA PFT(NESTA認定資格)

NESTA PFT(NESTA認定資格)とは、パーソナルフィットトレーナーの略称となっており、全米エクササイズ・スポーツトレーナー協会が認可している資格です。

 

独学で資格取得が可能ですが、受講には条件が存在しています。

条件は以下の通りです。

 

日本国籍もしくは、日本で就労可能な在留資格を所有していること
満18歳以上で、高等学校卒業もしくは、高等学校卒業程度認定試験を合格していること
  • 以下4つの内、いずれか1つ以上の項目に当てはまること
1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験があること
1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
体育系または、医療系の大学・専門学校を卒業している
NESTAの認定する養成講座、養成コース(認定校・認定アカデミー含む)を受講済みである

 

上記条件を当てはめることで受講が可能になるため受講を検討する際は、まず、自分自身が当てはまるかどうかを確認しましょう。

また、NESTA PFTの合格率は平均50%〜70%となっており、比較的初めてパーソナルトレーナーの資格を受講する方でも挑戦しやすい内容となっています。しかも、NESTA PFTは日本国内だけではなく、世界的に認知されている資格のため、資格取得後は、国家資格を所有していなくても十分フリーランスで活動できるポテンシャルがある資格です。

NSCA CPT(NSCA認定資格)

NSCA CPT(NACA認定資格)とは、全米エクササイズ・コンディショニング協会(NACA)が認可しているパーソナルトレーナー向けの民間資格です。NESTA PFTと同じく、受講するためには以下の条件を当てはまる必要があります。

 

満18歳以上で、高等学校卒業もしくは、高等学校卒業程度認定試験を合格していること
NSCAジャパンの会員もしくは米国会員であること
CPR・AEDの利用認可を所有していること

 

上記条件は比較的簡単に当てはまることが可能です。特にCPR・AEDに関しては聞き覚えのない方も多いかもしれませんが、消防署などで講習会に参加すれば認可してもらえます。

また、難易度としては、NESTA PFTよりも難しく、平均合格率が30%〜40%となっています。そのため、独学で合格するためには、一定期間のしっかりとした学習に加え、スポーツトレーナー・トレーニングに対しての興味、関心が非常に重要になってきます。

資格取得後は、NESTA PFT同様、世界的に認知されている資格のため、フリーのスポーツトレーナーとして活動していくことも可能です。

まとめ|スポーツトレーナーは独学でもなれるの?プロが独学で取得可能な資格を紹介

以上、独学でスポーツトレーナーに必要な資格を取得可能なのかを詳しく解説していきました。

独学で取得が難しいイメージのある、スポーツトレーナーの資格ですが、国家資格でなければ大半の民間資格を独学で取得可能です。しかし、上記で解説したデメリットでもあるように、資格取得に向けての長期間の学習に対するモチベーション維持・自己管理は非常に難しいため、気合を入れて取り組む必要があります。

スポーツトレーナーに興味のある方は、今回紹介している資格から独学で取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

スポーツトレーナー将来性

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP