【プロに直接取材】パーソナルトレーナーの平均年収・給料はどれくらい?年収UPのテクニックと独立後の年収も解説します。

パーソナルトレーナー選び方
NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生1この記事では、現在パーソナルトレーナーとして活動されている方へインタビューして、パーソナルトレーナーの平均年収・給料、年収UPに必要なテクニック等も公開し、独立後の年収まで網羅的に解説します。是非参考にしてください。

パーソナルトレーナーの平均年収・給料はどれくらいか?

NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生4パーソナルトレーナーの平均年収は375万円で日本の平均年収の相場程度となっています。月給換算すると32万円程度、初任給では20万円程度が相場です。また、アルバイトやパートの場合は1000円が相場であり、パーソナルトレーナーに関する資格の有無によっても前後します。パーソナルトレーナーの年収は300万円程度から1,000万円程度まで大きく幅がある職業であるため雇用形態やトレーニング指導の経験、運動に関する知識、資格、会社によって大きく左右されます。
「運動生理学」や「機能解剖学」「スポーツ心理学」「栄養学」「コーチング」等の知識がある場合は年収が上げりやすくなっています。また、パーソナルトレーナー資格である「NSCA-CPT」「NESTA-PFT」「JATI-ATI」など専門的な資格を取得する場合はさらに優遇され、パーソナルトレーナーとして独立開業を目指す場合は是非取得したい資格といえます。

年代別パーソナルトレーナーの年収比較

パーソナルトレーナー年収ここでは、年代別でパーソナルトレーナーの給料を比較しどれぐらい幅があるのか、将来的にどれぐらい稼げるようになるのかについて解説します。

  • ・20代のパーソナルトレーナー平均年収

20代のパーソナルトレーナーの平均年収として、月給25万円で年収300万円程度が相場です。20代のうちにパーソナルトレーナーとして行っておきたいこととして、パーソナルトレーナー資格の取得です。ボディメイクに関する専門知識を身に着けておくことでトレーニング指導の質が上がります。上記で上げたような「運動生理学」や「機能解剖学」「スポーツ心理学」「栄養学」「コーチング」等の知識をつけることでクライアントにより質の高いサービスを提供できるでしょう。20代のパーソナルトレーナーとして理想的な年収は420万円以上であり月収35万円を超えると20代でも活躍しているパーソナルトレーナーといえるでしょう。パーソナルトレーナーとして独立開業を目指す場合、ビジネスに関する知識も勉強することが望ましいです。

  • ・30代のパーソナルトレーナー平均年収

30代のパーソナルトレーナーの平均年収として、月給37万円で年収450万円程度が相場です。20代のうちにパーソナルトレーナーとしての経験や実績、資格を取得すれば30代ではその経験を活かして大きく活躍出来るでしょう。また、フィジークやボディビルの大会に出場し成績を残す事ができればオリジナルブランドの開発やプロテインの開発など自分の名前で独立しやすくなります。30代のパーソナルトレーナーとして理想的な年収は570万円以上であり、月収48万円を超えると30代で活躍しているパーソナルトレーナーといえるでしょう。

  • ・40代のパーソナルトレーナー平均年収

40代のパーソナルトレーナーの平均年収として、月収40万円で年収480万円程度が相場のようです。20代、30代でパーソナルトレーナーとして経験を積み対外的にプロとして認められる資格や実績を保有することで40代で大きく年収UPが望めます。40代では若手のパーソナルトレーナーを指導、教育する立場となり企業の中でも中心となります。40代のパーソナルトレーナーとして理想的な年収は660万円であり、月収55万円を超えると40代で活躍しているパーソナルトレーナーといえるでしょう。

パーソナルトレーナーの年収を左右する3つの働き方

NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生5パーソナルトレーナーとして働く場合はおもに3つのパターンに分かれます。1つ目はパーソナルトレーナーとして独立開業する場合、2つ目は正社員として働く場合、3つ目は副業として働く場合があります。パーソナルトレーナーは働き方によって年収が大きく変わるため、それぞれの働き方について年収を解説します。

パーソナルトレーナーとして独立する場合の年収

NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生9パーソナルトレーナーとして独立する場合の年収は1000万円を超える方も多いようです。例えばパーソナルトレーニングの20万円のプランで50名の会員を集客できれば年収1,000円に到達します。この場合売上が1,000万円であるため固定費や税金、ランニングコストがひかれた状態が手取りの収益となります。パーソナルトレーナーとして独立する場合、ボディメイクの知識だけでなくビジネスに関する知識が必要であり、特に「集客」のフェーズでつまずくことが多いです。パーソナルトレーナーとして独立する前に経験や実績、対外的にプロと認められる資格の取得を行うことでブランディング面で有利に働くでしょう。また集客ではパーソナルトレーニングのターゲットをどうするか、それに伴い立地条件をどうするかも重要な指標となるでしょう。会社帰りのビジネスマンをターゲットにする場合郊外に店舗を構えても集客に苦戦することが予想されます。集客方法としてチラシ配りやSNS運用、HPの作成など様々な集客チャネルを制作し効率的に売上を伸ばしましょう。

パーソナルトレーナーとして正社員として働く場合の年収

パーソナルトレーナー年収・給料パーソナルトレーナーとして正社員で働く場合、平均年収は375万円程度であり20代では300万円、30代では450万円、40代では500万円程度であることが多いです。正社員として働く場合は会社や地域、パーソナルトレーナー資格の有無によって年収が変動するため正社員として就職する場合は会社選びが非常に重要といえるでしょう。

パーソナルトレーナーとして副業で働く場合の年収

パーソナルトレーナー年収・収入パーソナルトレーナーとして副業で働く場合は、アルバイトやパートとして働くか事業委託契約書を結ぶことがほとんどです。パーソナルトレーナーとして副業で働く場合、本業の仕事で副業が可能な会社なのか確認する必要があります。副業でパーソナルトレーナーとして働いて実績づくりや資格取得をその期間で行い、パーソナルトレーナーに転職する人も多いようです。副業ではアルバイトやパートの場合、時給1000円程度が相場であり、個人契約の場合は資格の有無や経験で給料が変わります。年収では労働時間によりますが100万円程度が相場でしょう。
本業を平日に行い、土日祝でパーソナルトレーナーとして働く方もいます。

パーソナルトレーナーとして年収UPする方法5選

NSCA-CPT対策授業担当菰渕先生8パーソナルトレーナーとして年収UPを目指すために必要なことや方法について解説します。

  • ・SNSやブログで知名度を上げる

パーソナルトレーナーとしてTwitterやinstagramといった、SNSで情報発信を行うことでパーソナルトレーナーとしての知名度を高めることができます。パーソナルトレーナーとして自分の経験やサービス紹介を行うだけでなく、クライアントが求める情報を発信してフォロワーを増やすことが重要です。例えば、「夏までに腹筋を割る方法」「胸筋を大きくする方法」「おすすめのダイエット方法」などパーソナルトレーニングのサービスに繋がるようなお役立ち情報を発信することでフォロワーを増やし顧客をファン化することができます。また、SNSの概要欄にメールアドレスやHPのアドレスを掲載することでSNSからの知名度向上、お問い合わせ数増加が可能となります。
  • ・経験を積んでキャリアアップを目指す

パーソナルトレーナーとして経験を積むことも年収UPに大きく関係します。自分でボディビルやフィジークの大会に出たり、パーソナルトレーナー資格を取得することで対外的にプロとして認められます。資格の取得や個人のパーソナルトレーナーとして役に立つ経験を積むことで年収UPが望めます。特に正社員として働く場合は資格の有無や実績で年収が決定されるため資格の取得が重要です。
  • ・コミュニケーションスキルやコーチング技術を伸ばす

パーソナルトレーナーとしてボディメイクの知識は不可欠ですが、他にもコミュニケーションやコーチングの能力も非常に重要です。パーソナルトレーナーはトレーニングによってはクライアントにきつい練習をさせる場合があります。その際にクライアントのやる気やモチベーションをサポートできるようなコーチングが必要です。食事管理やトレーニング化学、ケガの防止といったトレーニングに関するサポートだけでなくクライアントの精神面のサポートも出来ることで希少価値が高くなり年収UPに繋がります。
  • ・パーソナルトレーナーとして独立開業する

パーソナルトレーナーとして年収1,000万円以上稼ぐには、独立開業しないとかなり厳しい業種です。独立開業する場合の注意点としてはやはりビジネスの知識をしっかりとつけておくことが重要でしょう。近年では出張式のパーソナルトレーニングもあるので固定費がかからないビジネスで独立することも良いでしょう。

パーソナルトレーナは資格を取得するほうが年収が上がるのか

パーソナルトレーナー年収パーソナルトレーナー資格を取得することで年収は上がります。特に正社員では年齢給以外に資格取得手当として年収が上がり、独立する場合はブランディングにも繋がるため集客しやすくなるでしょう。今回はパーソナルトレーナー資格のなかでも知名度が高く、おすすめの資格を3つ紹介します。

資格①NSCA-CPT(NSCA認定|パーソナルトレーナー)

NSCA-CPT資格 勉強方法

パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格としてNSCA-CPTがあります。NSCA-CPTは認定試験に合格する必要がありますが、認定試験を受けるには3つの条件があります。

(1)NSCAジャパンの会員になること

会員種別は正会員、学生会員がありますが、どちらも受験資格があります。入会はウェブサイト経由か郵送にて申し込めます。入会金は不要で、年会費は正会員が13,200円、学生会員が11,000円(税込)です。

(2)出願時点で満18歳以上であること

(3)高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者であること

また、上記3点の条件に加えてCPR(心肺蘇生法)とAED(自動体外式除細動器)の講習会を受けて認証を得る必要があります。CPRとAEDの講習では実技試験も行われており、講習に合格する必要があるため、パーソナルトレーナーの資格であるNSCA-CPTを取得するには3つの条件を達成するとともにCPRとAEDの講習を受講する必要があります。

NSCA-CPTはパーソナルトレーナー資格の中でも知名度が高く、コーチング・スポーツ心理学・食事管理・スポーツ科学など専門的知識を有することを証明する資格です。合格率は約70%~80%で実技試験がないので、公式問題集やテキストを勉強すれば合格も難しくありません。NSCA-CPTを取得することで、独立開業やアスリートの指導など輝かしいキャリアを築くことが可能になるでしょう。NSCA-CPTを受講するにあたっての費用は以下の通りです。

入会費・正会員 13,200円(税込み)
入会費・学生会員 11,000円(税込み)
NSCA-CPT認定試験受講料 46,000円(税込み)
合計※正会員の場合 59,200円
合計※学生会員の場合 57,000円

資格②NESTA-PFT(NESTA 認定|パーソナルフィットネストレーナー)

 

NESTA-PFT資格合格岩村さん

パーソナルトレーナーの資格NESTA-PFTとはNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)が認可するパーソナルトレーナー資格のことです。トレーナーにとってトレーニングの基礎を学ぶことができパーソナルトレーナー初心者に向けた登竜門的資格となっています。受講条件として、

(1)NESTA JAPANからテキスト購入済みであること※NESTAの公式HP

(2)日本国籍または、日本での就労可能な在留資格があること

(3)業界未経験の場合は、NESTA JAPAN開催の養成講座を受講していることが必要

パーソナルトレーナーやスポーツトレーナーとしての実務経験が1年以上ある場合や、トレーニングに関する専門学校、短大、4年生大学を卒業している場合はNESTA JAPAN開催の養成講座を受講しなくとも試験資格が与えられます。
資格の難易度は80%以上の正答率が必要であり、約過半数が試験に落ちるようです。しかし、NESTA-PFTの公式テキストを勉強すれば合格できる難易度です。資格取得に必要な費用は比較的高く、約7万円程掛かかるため初心者が手を出しずらい要因となっていますが、NESTA-PFTを取得することで独立開業や収入UPが望めます。合格率は50~60%と言われていますが実技試験がないので、公式テキストを勉強すれば合格に近づくことができるでしょう。

NESTA-PFTの認定を受けるためには次の3つの方法があります。

・ダイレクトコース

このコースはNESTAが開催する講座を受講せずにNESTA-PFTの試験を受ける人が対象になります。ダイレクトコースを受けられるのはフィットネスクラブでの実務経験がある人や指定の学部を卒業している人に限定されます。
受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受験料 7,500円
受験・資格手数料 36,400円
合計 72,500円
  • ・ゼミコース

このコースは主にパーソナルトレーナーを初めて目指す人やジムでの実務経験がない人が対象です。ゼミコースにはロングゼミコースとショートゼミコースの2種類があります。ロングゼミコースは資格取得に関する知識を1から学びたい人向け、ショートゼミコースは基礎知識はある程度学んでいる方向けになります。

受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

  • 教材費 13,600円
    ゼミコース受講料(ロングゼミコース) 96,000円
    ゼミコース受講料(ショートゼミコース) 48,000円
    事前講習受講料 15,000円
    認定試験受講料 7,500円
    受験・資格受講料 36,400円
    合計(ロングゼミコース) 168,500円
    合計(ショートゼミコース) 120,500円
  • ・WEBコース

このコースはEメールで講師の方と連絡を取りながら、課題を解くことで必要な知識を身に着けていきます。通常は2~3か月でコースを修了します。受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
WEBコース受講料 35,000円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受講料 7,500円
受験・資格受講料 36,400円
合計 107,500円

 

資格③JATI-ATI(JATI認定|トレーニング指導者資格)

 

NSCA-CPT授業風景

JATI-ATIとは日本トレーニング指導者協会(JATI)が認定するパーソナルトレーナーとして専門的で正確なトレーニングを提供できると認証された資格です。資格を取得するための条件としては、以下の項目が挙げられます。
(1)JATIに入会し正会員になること※正会員になるにはATIの公式HPの入会手続きフォームから申し込みが必要です。(料金がかかります)

(2)一般科目と専門科目それぞれ2日間ずつ合計4日間の養成講習会を受講すること。

(3)自己学習課題を提出することで受験資格を得られます。
※日本体育協会公認アスレティックトレーナーやNSCA-CPT、健康運動実践指導者など指定の資格を取得している人、養成校・養成機関ですでに認定試験に必要な科目を履修または履修見込みの人には、養成講習会の免除措置があります。
JATI-ATIはJATIが資格認定を行っている資格の中でも初級(トレーニング指導者)にあたります。そのため、講習会に参加してある程度の実習を受ければ比較的簡単に取得することが可能です。合格率は例年50〜70%となっています。
JATIにはさらに上のレベルであるJATI-AATI(上級トレーニング指導者)、JATI-SATI(特別上級トレーニング指導者)があるため、独立やさらなるキャリアアップを目指す方には是非挑戦したい資格といえるでしょう。

 

JATI-ATIを受講するにあたっての費用は以下の通りです。

 

入会費 11,000円(税込み)
養成講習会 受講料一般科目 55,000円(税込み)
養成講習会 受講料専門科目 60,500円(税込み)
トレーニング指導者認定試験 受講料一般・専門含む 33,000円(税込み)
合計 157,400円

現役のパーソナルトレーナーに聞いた!年収UPの秘訣とは?

パーソナルトレーナー高津さんインタビュー

  • 業界歴22年のパーソナルトレーナーの高津さんにインタビューしました。
    
  • ・現役のパーソナルトレーナーに聞いた、年収アップの秘訣とは?

単価を上げることです(笑)。単価を上げるということは、当然単価を上げる理由ですよね、自分のスキルアップであるとか、当然「たくさんのお客さんが来てくれて予約が取れない」とか、そういう上げる理由を増やさないといけないので、単に値付けとして価格を上げるという意味ではなくて、「これだけのことが提供できるようになったから、これぐらいの値段にしよう」っていう意味で、自分がスキルアップをする、レベルアップをするのと同等の意味で価格を設定していくので、一つはやっぱり高単価にいかにしていくかっていうことが大事だと思います。
  • ・その他の年収アップの秘訣は?

ないね(笑)。若いうちでしたら数をやるっていう、量の問題ですね。量をたくさんやることで、トータルの売り上げ、上げるっていうのをやっていく。量をやると、結果的に質が高くなってくるので、それに合わせて今度は単価を上げていくっていう、その二つしか基本的にはないと思いますので、まずそれをやるということですね。後はパーソナルトレーニングというところに縛られないんであれば、パーソナルトレーナーとしての経験を発信することによって、また別の付随した仕事というんですかね、それを取れるようにしていくことで、長い目で見てキャリアアップにつながるかなと思います。

・資格を取得した方が年収は上がる?

年収とはそんなに関係ないと思います。
  • ・パーソナルトレーナーを目指す方へアドバイスをお願いします。

パーソナルトレーナーという仕事を、まずより良く理解していただくというか、イメージで「こんな仕事だろう」という感じで取り組むのではなくて、実際パーソナルトレーナーの人に会ってみるなどして、「パーソナルトレーニングの仕事とはこういう感じですよ」というのを、まずはしっかり理解していただいて、そこから後は「自分がどういった人に対して、どんなパーソナルトレーニングを届けたいか」っていうところを明確にすればするほど、学習意欲が高まると思いますので、パーソナルトレーナーというざっくりしたものよりは、よりその中身を具体的にしていった方がいいと思います。
パーソナルトレーナー独学インタビュー

まとめ|パーソナルトレーナーの平均年収・給料はどれくらい?年収UPのテクニックと独立後の年収は?

この記事ではパーソナルトレーナーの平均年収から年代別の給料、年収UPにおすすめの資格や方法について紹介しました。正社員として働く場合、平均年収は375万円程度であり独立する場合は年収1,000万円も夢ではありません。年収UPするためにはパーソナルトレーナーとしての実績や経験、資格が必要となるため積極的に活動していきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

パーソナルトレーナーとは

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。

 

PAGE TOP