パーソナルトレーナーになるには?必要な資格や仕事内容、独立の仕方まで徹底解説します!

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

NSCA-CPT資格対策授業風景

 

現在パーソナルトレーナーとして活動されている方へインタビューし、パーソナルトレーナーになるための方法から必要な資格、仕事内容など解説します。また、パーソナルトレーナーとして副業は可能なのか、独立方法なども公開し、パーソナルトレーナーになる方法だけでなく独立する為に必要な事もこの記事では解説します。
また、
業界歴22年パーソナルトレーナー高津さんにインタビューさせていただきました。是非参考にしてください。

トレーナーになるブログ目次

パーソナルトレーナーになるために必要なことは?

パーソナルトレーニング授業風景パーソナルトレーナーなるには
パーソナルトレーナーになるにはトレーニングに関する専門知識はもちろん、栄養学、食事管理、機能解剖学、コミュニケーションスキルなど幅広い分野にわたる知識が要求されます。パーソナルトレーナーになるために必要なことは、自分自身で多くの情報を収集でき、パーソナルトレーナとして活動していくなかで自分自身の技術に変えられる勤勉さと継続的なモチベーションが必要となります。
また、クライアントの求める「理想の体型」は個人の目的によって大きく異なるためそれぞれのニーズに合った目標に対して適切な食事指導、トレーニングプラン作成など柔軟な対応が必要です。「コミュニケーション能力」もパーソナルトレーナーにとって重要な資質であり、クライアントにとってハードなトレーニングを行う際にいかに精神面を支援できるコーチングを実践できるかどうかも重要となります。
パーソナルトレーナーはトレーニングに関する知識だけでなくコミュニケーション能力や食事に関する知識など幅広い知識が要求される職業であり「ボディメイク」の専門家です。

未経験でもパーソナルトレーナーになれるのか?

パーソナルトレーナー 学校パーソナルトレーナーになるためには専門知識は必要なく未経験でもパーソナルトレーナーになることは可能です。食事管理やトレーニング理論、スポーツ心理学などはトレーニングジムに就職してから研修期間で徹底的に教育されます。
トレーニング指導経験がない初心者トレーナーでも運動経験や過去の部活動経験があれば採用されやすく、研修期間でトレーナーとしてのスキルを教育されることが多いようです。

関連記事:パーソナルトレーナーのおすすめの勉強方法を聞いてみました!

新卒でパーソナルトレーナーになるには?


新卒でパーソナルトレーナーになるには、大学や専門学校でスポーツ理論に関する講義を受けていると就職しやすくなります。また、過去にスポーツ経験があるほうが有利となります。スポーツを行ってきた経験やどのようなトレーニングをしたのか、またウェイトトレーニングもしている場合には専門性が高いと評価されるため採用されやすくなるでしょう。
スポーツに関する学科や専門学校では就職先として提携するスポーツジムがあり、新卒でパーソナルトレーナーを目指すならスポーツ系の学部や専門学校を選択しましょう。

セカンドキャリアでパーソナルトレーナーになるには

 

トレーナー フリーランスセカンドキャリアで転職しパーソナルトレーナーになるには、職歴や経歴だけでなく「年齢」も重要な評価対象となります。
男性の場合、26~29歳、女性の場合は30代までが理想的であると言われており、転職する際には自身の年齢も視野に入れることで転職の成功確率が高まります。また、パーソナルトレーナーではコミュニケーション能力が重要視されるため、「営業」経験や人と話す仕事を前職でしていると評価対象になります。このようにトレーニングに関する専門性だけでなく、人柄といったヒューマンスキルの部分もトレーナーとして重要となります。

運動が苦手でもパーソナルトレーナーになれるのか


運動が苦手な方の場合、パーソナルトレーナーになったときには強みになることもあります。パーソナルトレーニングを行う際にクライアントに「できない」前提で指導することができ、なにが原因でクライアントがうまくいっていないのか自身の経験から分析することができます。
運動やトレーニングが苦手な場合でも、パーソナルトレーナーとして後天的に成長する可能性も高いため、運動が苦手なことは逆に強みに働くこともあるようです。

 

パーソナルトレーナーの仕事内容

パーソナルトレーナー トレーニング指導授業

ここでは、パーソナルトレーナーの仕事内容を全般的に紹介し、一日の流れや年収、必要なスキルなどを網羅的に詳しく解説します。
パーソナルトレーナーはトレーニング指導に関する仕事だけでなく、ジム内の清掃や顧客管理などジム仕事も行います。顧客に合ったトレーニングプログラムを開発したり食事メニューを考えることも多いです。

パーソナルトレーナの1日の流れについて

JOTスポーツトレーナー学院講師 無料個別相談会
仕事としてはだいたい朝の9時または10時からスタートして、夜の9時または10時までセッションをしてます。1日に8件ぐらいのセッションをするので、休憩時間はジムでトレーニングをしてるという感じです。以上です(笑)。どんな1日、朝起きて、とかまで入れたら長くなります、ルーティンですか。ルーティンは、朝起きて犬の散歩に行く。そこから朝食を食べて、コーヒーを飲んで、そこまで早くない日は午前中、朝にブログを1個書いて出るという感じですね。出たら後はもう1日8件ぐらいのセッションをするので、その合間で自分のトレーニングをするという、そんな1日ですかね。

パーソナルトレーナの給料・年収

パーソナルトレーナーの仕事の平均年収は約372万円となっており、月給換算では31万円、初任給は26万円程度が相場のようです。また、アルバイトやパートの場合1000円が時給相場となります。全体の年収(給料)幅として300万円~1000万円程度であるため、職場によって年収に差が生じます。パーソナルトレーナーの資格の有無によっても差があり、年収UPには職場選び、トレーナーとしての実績や資格が重要となるでしょう。

 

パーソナルトレーナーは副業で可能?

パーソナルトレーニング指導風景
パーソナルトレーナーは副業でも比較的に活動しやすい職業です。土日祝での仕事が多いため、本業は平日に行い、休日にパーソナルトレーナーとしてアルバイトやパート、若しくは個人契約を結んで、働く方も多いようです。パーソナルトレーナーとして副業で働く場合、栄養学やトレーニング理論など専門性を証明できる資格があると採用されやすくなります。休日にパーソナルトレーナーとして働き、資格も勉強しながら独立開業を目指すトレーナーもおり、自由度の高い職業であるといえるでしょう。

 

パーソナルトレーナーはモテるのか

JOTスポーツトレーナー学院講師 無料個別相談会
モテるのか? 人によります(笑)。

 

パーソナルトレーナーにおすすめの本は?

パーソナルトレーニング授業風景パーソナルトレーナーなるにはパーソナルトレーナーには幅広いボディメイクに関する知識が必要です。ここでは、パーソナルトレーナーにおすすめの本や教材を3つ紹介します。

・ストレングス&コンディショニング

NSCAジャパンが発刊している本であり、パーソナルトレーナーを目指すなら是非おすすめしたい教材です。(1)理論編(2)エクササイズ編の2章に分かれて出版されており、専門性を高めたいパーソナルトレーナーのバイブルとなる1冊です。

・プロメテウス解剖学アトラス解剖学総論

機能解剖学について専門的に解説した本であり、パーソナルトレーナーを生業としてアスリートの指導も行う場合は一読したい一冊です。トレーニングを行う上で骨格や筋肉、関節の連動などイラストで解説しており機能解剖学を修得する際におすすめしたい一冊です。

・筋肥大・筋力向上のプログラミング

有名なボディビルター「山本義徳」氏が執筆した一冊であり、筋肥大をするためのメソッドについて詳しく記されています。筋肉増強、筋力向上について初心者にも易しい言葉で書かれているためこの本を読むことでより効率的なトレーニングメニューを考えることも可能になります。山本義徳氏が書いた栄養学に関する書籍も同じシリーズで刊行されており合わせて読むことでクライアントにより品質の高いサービスを提供できるでしょう。

 

パーソナルトレーナーに求められるスキル

パーソナルトレーナーなるには
パーソナルトレーナーに求められるスキルは知識面だけでなく、コミュニケーション面やコーチングスキル、精神的なサポートなど対人能力も重要視されます。クライアントによって求める結果は異なり、基礎体力を向上したい人からトップアスリートまで幅広い要求に応じる必要があります。
コミュニケーションやコーチングのスキルもトレーニングに関する知識とセットで必要であるため、鍛えておく必要がある能力です。

 

パーソナルトレーナーに向いている人とは?

JOTスポーツトレーナー学院講師 無料個別相談会
向いてる人は、社交性がある人ですかね、社交性がある人は向いてると思います。基本的には、いろいろな方の相手をするので、人の好き嫌いがないとか、そういう人との当たりがいいとか、そんなイメージの人がやっぱりやりやすいとは思いますね。もちろん、じゃあそれがない人ができないわけじゃないんですけど確率としてはいろんなタイプのお客さんに対して、広く接することができるという意味では、社交性がある方がいいと思いますね。

パーソナルトレーナーとして独立するには?

パーソナルトレーナーとして独立ために必要な資格はありませんが、開業手続きが必要になります。機材や物件探し、トレーニングマシン等設備投資が必要となり、開業にあたって目安として300万円~500万円は用意しておくと良いでしょう。初期費用だけでなくランニングコストも考える必要があり、広告宣伝費や家賃を含めてひと月あたり30万円程度に抑えると成功確率がグンと上がります。
パーソナルトレーナーとしての専門知識だけでなくビジネス視点の経営学やマーケティング、集客等の知識を独立前に学んでおくと失敗しない独立開業ができるでしょう。近年、店舗を構えない出張式のパーソナルトレーニングもあるため、開業費用が厳しい方はこのような独立方法もおすすめでしょう。ビジネスを行う場合、固定費がネックになる事が多く出張式のパーソナルトレーナーで成功させてから、店舗を構えても良いかもしれません。

 

現役パーソナルトレーナーに取材!パーソナルトレーナになるにはどうすればいい?

パーソナルトレーナー・パーソナルトレーナーのやりがいは?

基本的にはお客さんが成果を出して、それに対して喜んでくれるというか。スポーツだと分かりやすいんですけどね、優勝したとか、全国大会に行けたとかっていう分かりやすい結果がスポーツの場合はあるので、ダイレクトに分かりやすいんですけども。腰痛とか、そういう痛みで苦しんでいる人であれば、日常生活をね、くまなく送れるようになったとか、それによって人生が変わったりとかね、そういうのを実際に見せてくれると、こっちとしても良かったなあという感じはしますね。

 

JOTスポーツトレーナー学院講師 無料個別相談会・パーソナルトレーナーの仕事の中で大変なことは?

大変なこと、そうですね、大変とは思ったことないんですけど、そうですね、まあでもやっぱり例えば、全く初めての方と会うってなると、どんな人か、どんな要望なのか、どんな問題抱えてるかっていうのが分からない段階で、そこから探っていって、懐に入っていって、ほんとの真意というか、真の需要を聞き出すっていうところはトレーニングの成果の一番大事な部分になるので、そこをうまく聞き出せるかどうかっていう部分が難しいところというかね、一番大事なんですけど。やっぱりそこがうまくいかないと、やっぱりその後のセッションも結果的にうまくいかないので、そういう意味で、そこは大変だし、重要かなと思ってますけどね。

パーソナルトレーナー選び方

・最初に取るべきお薦めの資格は?

NESTAでしょう。理由としては、試験が定期的に行われてることと、試験のための準備の講座があるので、ただ単に資格を取るっていうだけじゃなくて、「勉強する、そして資格を取る」っていうプロセスがセットになってるので、最初にそれで、そういう講師の方と触れてもらって、どういう勉強したらいいかとか、トレーナーとしてどういうふうになったらいいかっていうのを理解した上で、資格を取ってもらえるという意味で、最初に取ってもらったらいいかなと思います。

・資格の他に、日々勉強した方がいいことは?

これは僕の興味かもしれないですけど、世の中のことをやっぱり知らないといけないので、政治のこととか。後は日本という国に住んでるので歴史ですよね、自分が生まれ育ってる国の歴史を勉強するのは大事かなと思いますけどね。

 

・パーソナルトレーナーを目指す人へメッセージをお願いします。

以前、昔に比べると、パーソナルトレーナーになるハードルは下がってますので、やる気さえあれば誰でもパーソナルトレーナーになれる時代になりましたけど、その分当然ライバルも多いし、競争も多いので、やるからには常にレベルアップを図るというかね、そういう気持ちで挑んでいただきたいというかね、そういうふうに思います。パーソナルトレーナー独学インタビュー

パーソナルトレーナーになるために資格は必要か?


パーソナルトレーナーになるための公的な資格は存在しないため、資格の取得は必要ありません。しかし、パーソナルトレーナーやトレーニングに関する民間の資格は数多く存在し、代表的な資格では
NSCAという団体が提供するNSCA-CPTやJATIが提供するJATI-ATIという資格があります。パーソナルトレーナーの民間資格を取得することでトレーニングに関する専門性が客観的に認可されるため、新卒でスポーツジムに就職する場合やセカンドキャリアで就職する場合には資格取得は非常に有利に働きます。副業としてもパーソナルトレーナーとして働く場合にもNSCAの提供する資格、ほか運動に関する資格、栄養学などの知見があることでトレーナーとして専門性を高く評価されます。また、独立する場合には独立するためのライセンスや資格はありませんが、資格を取得することで専門性や品質を表すブランディングの一つとなるため資格を取得するほうが独立開業後に有利となるでしょう。

 

パーソナルトレーナーなるための人気資格3選

ここではパーソナルトレーナーになる際に、取得しておきたい代表的な3つの資格について解説します。

パーソナルトレーナー働き方、セミナー

資格①NSCA-CPT(NSCA 認定|パーソナルトレーナー)

NSCA-CPT資格取得 卒業生
NACAとは、National Strength and Conditioning Association (NSCA)の略でありアメリカに本部を置くストレングストレーニング及びコンディショニングの教育を行う国際的な教育機関です。1978年に設立されてからトレーニングの実践から得られた知見を論文集、ジャーナル、WEBサイトで発信しトレーニング業界のパイオニア的教育団体です。
NSCA-CPTの受講条件として、下記1~3をすべて満たしていることが必要です。
(1)出願時および受験時に、NSCAジャパン会員(正会員、学生会 員、英文会員)であること。
(2)出願時に、満18歳以上であること。※出願時に、高等学校卒業以上の者または高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)合格者。
(3)CPR/AED認定証もコピーして提出する必要があります。

・試験時間

3時間程度

・受験料

¥59,200(正会員の場合)

¥57,000(学生会員の場合)

入会費・正会員 13,200円(税込み)
入会費・学生会員 11,000円(税込み)
NSCA-CPT認定試験受講料 46,000円(税込み)
合計※正会員の場合 59,200円
合計※学生会員の場合 57,000円

・難易度・合格基準

各セクションでそれぞれ70%以上のスケールドスコアが必要です。

スケールドスコアとは難易度別に評価しスケールをしなおして換算したスコアとなります。例年平均して合格率は約70%~80%で実技試験がないので、公式問題集やテキストを勉強すれば合格が可能でしょう。

・NSCA-CPTの試験範囲

分野 問題配分 問題数
クライアントに対する面談と評価 25% 35
エクササイズテクニック 31% 43
プログラムプランニング 31% 43
安全性、緊急時の手順、法的諸問題 13% 19
ノンスコアード問題 15
合計 100% 155

 

(1)クライアントに対する面談と評価
ヒアリング段階でクライアントの「運動能力」「健康評価」を評価するヒアリング能力を測定します。
(2)エクササイズテクニック

ストレッチ、自重トレーニング、スタビリティ・エクササイズ、レジスタンストレーニング、有酸素性トレーニングなど様々なトレーニングに関する知識を評価します。また、ケガにつながるような危険な行為に対して、それが危険な理由を機能解剖学の観点から出題されておりバイオメカニクスに関する広い知識が必要となります。

(3)プログラムプランニング

クライアントの要望に合わせてプログラムをプランニングする知識が問われます。糖尿病の患者や高血圧の患者、アスリートや整形外科的疾患を持つクライアントに対して適切なプログラムを組むことができるかのテストです。機能解剖学や疾患に対する健康評価など、安全にトレーニングを指導するための基礎知識が備わっているのか確認する試験となります。

(4)安全性、緊急時の手順、法的諸問題

パーソナルトレーナーとして安全に危機管理を行い、緊急時にも対応するための手順や法的諸問題が全般的に問われます。

・NSCA-CPTを取得するメリット

NSCA-CPTはパーソナルトレーナーの資格の中でも比較的試験の出題範囲と専門性が幅広い資格となっています。合格率は70%程度のため、公式テキストを勉強すれば難易度はそう高くはないでしょう。また、国際的に認証されているトレーニング資格であるためパーソナルトレーナーとして独立開業を考えている場合には、是非取得したい資格となります。

 

資格②NESTA-PFT(NESTA 認定|パーソナルフィットネストレーナー)

NESTA-PFT資格合格岩村さん
NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)は1992年に設立された、米国のカリフォルニア州に本拠地を置くスポーツトレーナーを発展を推進する団体です。2020年現在では、約7万人のパーソナルトレーナーをNESTAから輩出し、世界80ヵ国でパーソナルトレーナーが活躍しています。

合格率は50~60%と言われていますが実技試験がないので、公式テキストを勉強すれば合格に近づくことができるでしょう。
NESTA-PFT資格は、

・パーソナルトレーニングに関する基礎的な知識をつけたい

・対外的にプロのパーソナルトレーナーとして認可を受けたい

・独立開業を目指している

・海外進出を考えている
上記のような方におすすめの資格です。

・NESTA-PFTの出題範囲

(1)NESTAパーソナルトレーニングシステム

(2)運動生理学

(3)キネオロジーと機能解剖学

(4)栄養と代謝

(5)パーソナルトレーニングのビジネス

など幅広い知識を修得できます。(他出題範囲はリンクを参照)

https://www.nesta-gfj.com/pft/text.html
特徴としてパーソナルトレーナーとしての基礎知識が身についているかを試験するだけでなく、トレーニングジム開業後のビジネススキルも修得できる点が魅力です。

・NESTA-PFTの受験料

NESTA-PFTの認定を受けるためには次の3つの方法があります。

・ダイレクトコース

このコースはNESTAが開催する講座を受講せずにNESTA-PFTの試験を受ける人が対象になります。ダイレクトコースを受けられるのはフィットネスクラブでの実務経験がある人や指定の学部を卒業している人に限定されます。
受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受験料 7,500円
受験・資格手数料 36,400円
合計 72,500円

・ゼミコース

このコースは主にパーソナルトレーナーを初めて目指す人やジムでの実務経験がない人が対象です。ゼミコースにはロングゼミコースとショートゼミコースの2種類があります。ロングゼミコースは資格取得に関する知識を1から学びたい人向け、ショートゼミコースは基礎知識はある程度学んでいる方向けになります。

受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

  • 教材費 13,600円
    ゼミコース受講料(ロングゼミコース) 96,000円
    ゼミコース受講料(ショートゼミコース) 48,000円
    事前講習受講料 15,000円
    認定試験受講料 7,500円
    受験・資格受講料 36,400円
    合計(ロングゼミコース) 168,500円
    合計(ショートゼミコース) 120,500円
  • ・WEBコース

このコースはEメールで講師の方と連絡を取りながら、課題を解くことで必要な知識を身に着けていきます。通常は2~3か月でコースを修了します。受講費用は以下の通りです。(すべて税込価格で表記しています。)

教材費 13,600円
WEBコース受講料 35,000円
事前講習受講料 15,000円
認定試験受講料 7,500円
受験・資格受講料 36,400円
合計 107,500円

 

 

資格③JATI-ATI(JATI認定|トレーニング指導者資格)


JATI(日本トレーニング指導者協会)とは、「競技力向上や健康づくり」などスポーツ分野での様々な現場に合わせて、正しい知識や専門性の修得を支援する団体です。

JATI認定トレーニング指導者資格の受講条件は

(1)JATIに入会し個人正会員であること
(2)養成講習会とワークノート(自己学習課題)を終了すること
上記2点が必要です。

・JATI-ATI試験内容

競技やスポーツ分野において、選手の能力向上及び傷害予防を目的とした指導領域を対象としています。トレーニングコーチやコンディションコーチ、ストレングスコーチといった指導者としてのスキルや、一般人を対象としたインストラクターとしてのスキル、スポーツの基礎知識なども対象範囲であり基礎的な内容からトップアスリートにも指導できる専門的知識も必要となります。

・JATI-ATIの受験料

パーソナルトレーナー養成講習会の費用は次の通りです。(税込価格で表記しています。)

 

入会費 11,000円(税込み)
養成講習会 受講料一般科目 55,000円(税込み)
養成講習会 受講料専門科目 60,500円(税込み)
トレーニング指導者認定試験 受講料一般・専門含む 33,000円(税込み)
合計 157,400円

・JATI-ATIの合格率

試験内容は「一般対象」と「養成機関対象」に分かれており一般対象では合格率70%、養成機関対象では合格率50%程度なっており難易度が大幅に異なります。パーソナルトレーナーとして受講する場合、「一般対象」となるため養成講座で学んだことを復習し、テキストを勉強すれば合格可能であり難易度は低めであるといえます。

・JATI-ATI取得のメリット

JATIでは、国内の広報活動に注力しているためパーソナルトレーナーとして活動範囲の増加が期待できます。また、対外的なプロとしての資格となるため専門性の証明となり、就職に有利になります。JATIは上位資格JATI-AATIとJATI-SATIといったさらに専門性の高い資格があるためATIを取得した次にさらにAATIやSATIを目指すと良いでしょう。

 

まとめ|パーソナルトレーナになるには?資格や独立方法について

この記事では、パーソナルトレーナーになる方法やおすすめの資格や独立の方法について解説しました。パーソナルトレーナーになるために公的な資格はありませんが、プロのパーソナルトレーナーとして活躍したい場合やパーソナルトレーナーとして独立開業したい場合、資格は必要不可欠でしょう。この記事を読んで、パーソナルトレーナーを目指す方のお役に立てれば幸いです。

 

関連記事:パーソナルトレーナーの年収相場は?プロトレーナーに直接取材!

関連記事:スポーツトレーナーになるには?プロに直接取材!

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

パーソナルトレーナーとは

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP