スポーツトレーナーとして海外で活躍するには?スポーツ留学は必要か?

この記事の監修者

高津 諭(たかつ さとし)

JOTスポーツトレーナー学院校長 代表講師
NESTA JAPAN エリアマネージャー ゴールドジム公認パーソナルトレーナー

【保有資格】
■NSCA-CPT/CSCS
■JFSA-トレーニング指導士
■NESTA-PFT
■食アスリート協会・インストラクター
■薬膳インストラクター

★トレーニング指導暦22年★
大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代の関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
陸上競技をはじめとしたアスリートの動き作り身体作り、一般の方へのエクササイズの普及、「お米をしっかり食べる」ボディメイクの提案。

専門学校で講師も長年担当。
業界のパイオニアとしてパーソナルトレーナー協会で後進の指導にも尽力する。

2005年に独立し、ボディメイキングや健康体力の増強をサポートし毎月100セッション以上を担当する。

競技スポーツでは陸上競技、走る能力向上に力を注いでおり、スプリント能力向上委員会というコミュニティーを立ち上げ、学生アスリートへの情報提供を行っている。

「日本ではなく海外でスポーツトレーナーとして活動したいけどどうしたらいいのかわからない」「スポーツ留学って必要なの?」といった疑問が出てきますよね。スポーツレーナーの活躍と聞くとどうしても日本ではなく、海外での活躍を想像してしまいますよね。そこで本記事では、スポーツトレーナーが海外で活躍する方法やスポーツ留学の必要性について詳しく解説していきます!

これから海外でスポーツトレーナーとして活躍したいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

スポーツトレーナーとして海外で働くには?

スポーツトレーナー海外

スポーツトレーナーとして海外で働くには以下の3つの方法があります。

1.NATA認定資格を取得

2.NESTA-PFTを取得

3.NSCA-CPTを取得

それでは、NATA認定資格から解説していきます。

海外でスポーツトレーナーになる方法①NATA認定資格を取得

スポーツトレーナー海外

海外でスポーツトレーナーになる方法として、NATA認定資格を取得することが挙げられます。しかし、「NATA認定資格って何?」といった疑問が出てきますよね。

まずは、NATA認定資格について詳しく解説していきます。

NATAとは?

そもそもNATAとは、National Athletic Trainer’s Association(全米アスレティック・トレーナーズ協会)の略称のことです。このNATAを取得したトレーナーのことをATCと呼ばれます。ATCとは、Certified Athletic Trainerの略称とされており、ATCになることでアメリカでプロスポーツ界でトレーナーとして活動することが可能になるんです。日本では推奨されている資格は存在していますが、スポーツトレーナー専用の国家資格は存在していません。しかしアメリカではNATAは国家資格とされており、NATAを取得していなければスポーツトレーナーとして活動することができないため、必須の資格となっています。

そのため、アメリカでは95%のスポーツトレーナーが取得しており、NATAの取得からスポーツトレーナーとしての活動が始まるとまで言われているんです。

NATA(英語サイト):https://www.nata.org/

NATA資格を取得するには?(取得条件)

スポーツトレーナー海外

NATA資格を取得するためには以下の3つをみたす必要があります。

 

1.アメリカの大学に留学が必要

2.大学卒業までにはインターンシップが必須

3.3つの認定試験に合格する必要がある

以上です。

 

これだけを見るとかなり難しいですよね。
まずはアメリカの専門大学に入学する必要がありますが、英語がしっかりと身についていないと入学することすらできません。しかも、在学中にインターンシップを行う必要があるため、英語でコミュニケーションが取れるようにならないとダメなんです。最後の認定試験については、2ヶ月ごとに行われており、何度でも受験することが可能です。

しかし、1年以内に3試験に合格しなければ、また1からやり直しになってしまうため、しっかりと勉強した上で挑む必要があります。

NATA資格取得後の就職先

スポーツトレーナー海外

NATA資格取得後の就職先は主にアメリカで「アスレティックトレーナー」として就職するのが一般的とされています。アスレティックトレーナーはプロのスポーツチームと個別に専属契約を行うことで、働き続けることが可能です。必ずしもアメリカで働く必要はありません。日本国内に戻っても、資格を所得している事実は変わらないため、一般的なスポーツジムやフィットネスクラブで勤務することも可能です。

しかも、NATAを取得していれば、海外で活躍しているスポーツチームと日本国内で専属契約を行うこともできるので、かなりスポーツトレーナーとして活動の幅が広がるとされています。

アメリカのスポーツトレーナーはNATA-ATCが必要

上記でも解説している通り、アメリカでスポーツトレーナーとして活動するためにはNATA-ATCが必須です。日本国内で発行されている資格をいくら取得していても、アメリカで活動を考えているのであればNATA-ATCを取得する必要があります。

しかし、一度NATA-ATCを取得しているので、日本国内でもかなり優遇されるため、アメリカで活動しないとしても、取得はかなり有効と言えるでしょう。

海外でスポーツトレーナーになる方法②NESTA-PFTを取得

スポーツトレーナー海外

NATAにつづきNESTA-PFTについて詳しく解説していきます。

NESTA-PFTも海外でスポーツトレーナーで活動していく上で重要な資格となっていますので、ぜひ確認してみてください。
それでは、解説していきます。

関連記事:未経験からスポーツトレーナーになるために必要なこと!プロに直接取材します!

 

関連記事:【プロに直接取材】パーソナルトレーナーに気になる年収は?年収UPのコツも解説!

NESTAとは?

スポーツトレーナー海外

NESTAとは、Parsonal Fitness Trainer(NESTA公認パーソナルフィットネストレーナー)の略称です。
NESTA-PFTは国内だけではなく、全世界的に有名なフィットネスに関する資格となっています。スポーツトレーナーだけではなく、フィットネストレーナーとして活動を考えている方にはかなりアドバンテージとなる資格ですので、取得についてはかなりおすすめです。

NESTA公式サイト:https://www.nesta-gfj.com/

NESTA-PFT資格を取得するには?

スポーツトレーナー海外NESTA-PFT資格を取得するためには以下の4つを満たしている必要があります。

 

1.満18歳以上・最終学歴が高等学校卒業以上であること
2.NESTA JAPANが公式サイトで販売しているテキストの購入
3.日本国籍・外国籍の場合は本での就労可能な在留資格を所持しているか
4.業界未経験の場合は、NESTA JAPAN開催の養成講座を受講しているか※経験済みの場合不要

※の経験済みとしては、1年以上ジムインストラクター・パーソナルトレーナー・スポーツトレーナーとして経験している場合は受講は不要です。満18歳以上・高等学校を卒業している方であれば、誰でも受講することが可能となっており、公式サイトでテキスト購入もすぐ可能となっています。

 

関連記事:パーソナルトレーナー資格「NESTA PFT」を徹底解説!取得方法や費用は?

NESTA-PFT資格取得後の就職先

スポーツトレーナー海外

NESTA-PFTを取得後の就職先としては、日本国内のスポーツトレーナーやプロスポーツチームと専属契約などが挙げられます。しかも、世界的にも認知されている資格のため、就職せずにフリーランスで活動したり、個人でスポーツジムを開業することも可能です。

安定した技術・知識は求められる場面が多いため、スポーツチームだけではなく、フィットネスクラブとの個人契約を行うことも可能になっていきます。

NESTA-PFTは取得難易度が容易で役に立つ

NESTA-PFTは、スポーツトレーナー専門の資格の中でも取得難易度が用意です。
資格を取得するためには以下の3つの中から選ぶことも可能となっています。

1.ダイレクトコース

2.ゼミコース

3.WEBコース

それぞれしっかり勉強を続けていれば半年〜1年から取得が可能となっており、上記でも紹介している通り、かなりフィットネス業界で役に立つことであることは間違いありません。スポーツトレーナーとして活動するのであれば、かなりおすすめの資格となっています。

海外でスポーツトレーナーになる方法③NSCA-CPTを取得

スポーツトレーナー海外

海外でスポーツトレーナーになるためには、NSCA-CPTの取得もおすすめです。この資格に関しても、世界的によく認知されている資格のため、海外でスポーツトレーナーとして活動を考えている方は必ず確認しておきましょう。

それでは、解説していきます。

NSCA-CPTとは?

スポーツトレーナー海外

NSCAとは、National Strength & Conditioning Association(全米エクササイズ&コンディショニング協会)の略称です。資格発行の拠点はアメリカとなっており、CPTについては、Certified Personal Trainer(認定パーソナルトレーナー)とされています。

国家資格として認められている資格ではありませんが、民間資格の中ではかなり専門性の高い知識を取得することができるため、NATA-ATCを取得している方でも受験するほど人気な資格なんです。

NSCA公式サイト:https://www.nsca-japan.or.jp/

NSCA-CPT資格を取得するには?

スポーツトレーナー海外

NSCA-CPTを取得するために以下の条件を満たしておく必要があります。

 

1.NSCAジャパン会員である
2.満18歳以上・最終学歴が高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)
3.有効なCPR/AEDの認定者
4.NSCA-CPT認定試験に合格

3のCPR/AEDとは、CPR(心肺蘇生法、Cardio Pulmonary Resuscitation)とAED(自動体外除細動器、Automatic External Defibrillator)のことを指してます。講習会に参加するだけで、認定書を取得することができるので、NSCA-CPTの取得を目指していない方でもスポーツトレーナーの方であれば取得しておくことをおすすめします。

また、NSCA-CPT認定試験3時間のマークシート型の試験となっており、ノンスコアード問題も用意されているのである程度柔軟な考えを持って試験に観必要があるんです。

NSCA-CPT資格取得後の就職先

スポーツトレーナー海外

NSCA-CPT資格取得後の就職先としては、フィットネストレーナーやパーソナルトレーナーだけではなく、プロスポーツチームとの専属契約や接骨院などが挙げられます。取得した知識や技術を突き詰めていけば、理学療法士や柔道整復師などの職に着くこともできる資格なんです。スポーツトレーナーとして活動しやすくなる資格のため、キャリアアップの一つとして資格取得してみるのがおすすめです。

アメリカのスポーツトレーナーについて(海外)

スポーツトレーナー海外

日本国内でスポーツトレーナーとして活動をしている方でも、アメリカのスポーツトレーナーについては詳しく理解できていないのではないでしょうか。続いては、アメリカのスポーツトレーナーについて詳しく解説していきます。
現役でスポーツトレーナーとして活動している方も参考にしていただけると嬉しいです。

アメリカではアスレティックトレーナーと呼ばれる

アメリカでは、スポーツトレーナーのことを「アスレティックトレーナー」と呼ばれています。スポーツ活動や・大会開催についてもアスレティックトレーナーがその場にいることが必須になります。また、上記で紹介しているNATA-ATCを取得していなければアメリカ国内でのスポーツ業界に関わることはできません。

アメリカでスポーツトレーナーはどんな役割か?

アメリカでのスポーツトレーナーの役割は以下の通りです。

  • スポーツの際に起こったケガや故障の予防

    ケガや故障が起きた際の応急措置

    チームでの治療行為や対象選手のサポート

    リハビリの指導

    スポーツ選手・関連業界の人間に対する教育やカウンセリング

    スポーツ選手が利用する部屋の管理と運営

上記の通り、アメリカのスポーツ現場では必要不可欠の存在となっているが現状です。

アメリカでスポーツトレーナーになるには?

スポーツトレーナー海外

アメリカでスポーツトレーナーになるためには、上記でも紹介している通り、NATA-ATCの資格取得が必須です。

資格を取得していなければ、アメリカで行われている公式の大会や活動に参加することは全くできないので注意が必要です。

また、世界的に認知されている資格でも、NATA-ATCを取得していなければ活動に携わることができないので必ず知っておきましょう。

海外スポーツトレーナーになるために資格は必要?

スポーツトレーナー海外

海外スポーツトレーナーになるために資格はアメリカのみ必要です。
それ以外の国で活動を考えているのであれば、特に資格は必要ありません。しかし、今回紹介している3つの資格は全世界的に通用する資格となっているため、可能であれば取得しておいたほうがいいでしょう。また、資格を所有しているだけで、知識と技術は担保されているので、これからスポーツトレーナーとして海外で活動していきたいと考えているのであれば、言葉が通じない海外ではかなりのメリットと言えます。

海外スポーツトレーナーになるためにスポーツ留学は必要か?

海外スポーツトレーナーになるためにスポーツ留学はできれば行ったほうがいいです。資格取得のためについてももちろんなのですが、海外でこれから活動したいと考えているのであれば、一度は訪れてみないと日本との違いに適応することがかなり難しいでしょう。日本で利用しているトレーニング機器・規模の違いや、トレーニング方法なども異なるため、スポーツ留学を行うことで海外の感覚に慣れることがきます。しかし、日本国内での活動経験が豊富なのであれば、留学を行なわず、トレーナーとして活動を初めてみるのも1つの手と言えるでしょう。

まとめ|スポーツトレーナーとして海外で活躍するには?スポーツ留学は必要か?

スポーツトレーナー海外

以上、スポーツトレーナーが海外で活躍する方法やスポーツ留学の必要性について詳しく解説していきました。
日本国内以上に、スポーツトレーナーの地位が確立している海外で働いてみたいと考えたことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、日本国内でも今後スポーツトレーナーの需要が高まっているので、絶対に海外にいく必要がありません。自分自身の活動方針に合わせて選択していくことが重要です。

パーソナルトレーナーになるために重要な実績や専門性を付けるには?

スポーツトレーナー海外

 

パーソナルトレーナーになるためには、専門性だけでなくトレーナーとしての指導経験や実績が必要です。パーソナルトレーナーの年収や給料は実務経験や専門性、資格取得の有無など「実績」が要求される職業です。
一流のパーソナルトレーナーとして社会で活躍するために、JOTスポーツトレーナー学院では他で学ぶことができない3つの強みがあります。

1.NESTA認定校
NESTAJAPANエリアマネージャー高津が当学院の校長であるため、資格取得に向け手厚くサポートします。就職時や独立開業する場合にも大きく役立ちます。

2.資格取得率100%
JOTスポーツトレーナー学院では日本メディカルトレーナー協会試験を受講し、他では学べない実践的な経験と豊富な知識を身に着けることができます。

3.一流プロトレーナー講師が直接指導
NESTA JAPANエリアマネージャー高津校長をはじめ、第一線で活躍するパーソナルトレーナーから直接指導を受けることができ、どこに行っても社会的な価値のあるパーソナルトレーナーになることができるでしょう。

少しでもJOTスポーツトレーナー学院に興味を持った方や一流のパーソナルトレーナーとして活躍したい方はお気軽にお問い合わせください!無料カウンセリングも実施中しています!是非ご利用ください。

EXPERIENCE PARTY無料カウンセリング・相談会
COUNSELING無料カウンセリングあなたにあったカウンセリングを行わせていただきます。
お時間がない方はお電話やwebカウンセリングも可能です。
OPEN CAMPAS個別相談会
(オープンキャンパス)
実際にJOTスポーツトレーナー学院で無料で授業体験ができます。
現役パーソナルトレーナーの講師たちなので1流のトレーニングを実感してみよう!
TRAINING体験トレーニングご希望の方に、体験トレーニングをご案内します。
将来こんなトレーナーになれる事をお約束致します。
PAGE TOP